パレッテ株式会社

スポンサーリンク
パレッテ株式会社イオングループ各社

パレッテ株式会社は、神奈川県下でディスカウントストア「@パレッテ」を展開するイオングループの会社です。

イオンが今まで展開してきたディスカウントストアから、更にローコスト化を目指し、デジタル化を取り入れ、新たな形態のスーパーを展開しています。

パレッテ株式会社 詳細

  • 社名:パレッテ株式会社
  • メイン業務内容:小売業(スーパーマーケット)
  • 主なブランド(店舗名):@パレッテ
  • 展開地域:神奈川
  • 本社所在地:〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
  • 代表電話番号:050-1743-8010(店舗代表)
  • 株式上場:非上場
  • 会長:-
  • 社長:増田 正良
  • 設立:2020年6月1日
  • イオン株保有率:不明(恐らく100%)
  • 公式サイト:https://palette.onl/
  • Wikipediaの掲載なし
  • 株価確認(Yahoo!):-

パレッテ株式会社について

パレッテ

一般的には聞き馴染みの無い「ハードディスカウントストア」

ハードディスカウントストア(またはハードディスカウンター)はドイツで誕生したディスカウントストアです。

ダンボール箱から商品を取り出さずそのまま陳列したり、今では当たり前になったレジ袋の有料化をはじめから行っていたり、徹底的なコスト削減を行い、より安く商品を提供するというのがハードディスカウントストアです。

パレッテの店舗の陳列

ダンボールで陳列しているパレッテ

パレッテ株式会社も「パレッテ」というハードディスカウントストアという業態の店舗を運営しています。

イオングループも、ビッグ・エーやアコレといったハードディスカウントストアは運営していますが、基本的には200坪未満の小型店が主流でした。

パレッテは300坪以上の中型店がメインになっています。

イオングループなので、トップバリュ商品も若干扱っていますが、オリジナルのプライベートブランド(正確にはストアブランド)を扱っています。

パレッテの特徴1・インストアベーカリーを扱う

店舗としてのパレッテの最大の特徴は、ローコストを徹底しているのに、なぜかコストがかかるインストアベーカリー(店内製造のパン)を展開していることです。

パレッテのインストベーカリー売場

特にクロワッサンは、パレッテのインストアベーカリーのメイン商材とされています。

パレッテのクロワッサン

1個78円(税別・2022年7月現在)というインストアベーカリーのパンにしては安い割にバターの風味豊かでそれなりに美味しいです。

パレッテの特徴2・広い通路幅

パレッテの店内

通路幅が非常に広く取られていて、大型ショッピングカートでも簡単にすれ違えることが出来るようになっています。

大量に購入する人に、この通路幅は楽にショッピングカートを移動出来るので便利です。

パレッテの特徴3・徹底したアイテムの絞り方

パレッテの売場

パレッテの1店舗におけるアイテム数(商品の種類の数)は、初期公表値だと2000アイテムほどと言われています。実際にはもう少しあるように思いましたが、それでも3000アイテムには届いてないように感じました。

一般的なイオンのスーパーなら5000アイテム以上はあるので、かなり絞り込んでいます。

ただ絞りすぎて、買いたいものが無いと感じる人も多いでしょう。

まさかキューピーの普通のマヨネーズを扱っていないお店があるとは思いもしませんでした。

パレッテのセール・割引

パレッテは、決まったセール・割引は行っていません。

イオングループですが、店内に入った時にイオングループであることが咄嗟にわからないくらいになっています。

イオングループのスーパーで行っていることが多い「お客さま感謝デー」も行っていません。

時折、お買い物アプリ「Scan&Go」を使って買物をすると割引されるセールを行っていますが、決まったセールにはなっていません。

パレッテの支払い方法

パレッテはローコストを徹底的に行っているため、支払い方法も限定的です。

パレッテの支払い方法

パレッテで使えるクレジットカードは限定的

パレッテではクレジットカードは使えますが、イオンのマークがついたクレジットカード、もしくはVISA・Mastercardのマークがついたクレジットカードのみです。

アメックスだけでなく、JCB(イオンカード除く)のマークがついたクレジットカードすら使えません。

アメックスやJCBのクレジットカードは、手数料が高いため取り扱ってないようです。

電子マネーはWAONのみ

使える電子マネーは、WAONのみです。

ただし「いつでもWAON POINT2倍」の対象店舗になっていないため、200円(税込み)で1ポイントしかポイントはたまりません。

パレッテで使えるスマホ決済・QRコード決済

パレッテで使えるスマホ決済は、モバイルWAONのみです。

QRコード決済にも対応していないので、AEON Payも対応していません。

パレッテのお得な支払い方法

パレッテでお得な支払い方法は特に存在しません。

強いてあげれば、お買い物アプリ「Scan&Go」でたまに安くなる時があるので、お買い物アプリ「Scan&Go」を使った方がお得なことがあるくらいです。

クレジットカードが使えるので、ポイント還元率の高いVISAかMastercard提携のクレジットカードで購入するのがおすすめです。

例えば楽天カードなどが挙げられます。

パレッテ株式会社への就職・転職・パート・アルバイト

パレッテ株式会社では、中途採用で社員を募集していることがあります。

リクルートエージェント等のサイトで確認してください。

パート・アルバイトは、各店舗で募集を行っていることがあるので、各店舗で確認して下さい。

パレッテ株式会社の将来性

パレッテの店内

パレッテの店舗について、いろいろなメディアが書いています。

期待するということで書かれている記事が多いですが、IT mediaビジネス(イオンとヤオコー、スーパー業界の優等生がそれぞれ仕掛ける新業態の明暗の記事)は、マーケットの主役になることはないだろうと否定的な意見で書かれています。

管理人の感想は「失敗する」です。

パレッテの近くには、首都圏で人気で絶好調と言われているOKストアがあります。

OKストアの豊富な品揃え、そしてOKストアの方が平均して安いです。

安くて品揃えも良いのなら、わざわざ買いたいものがあるか不明のパレッテに、買物に行くでしょうか?

近所の人なら確かにたまに買物に行くかもしれませんが、たまにです。

いくらローコストで店舗運営をしていても、ディスカウントストアは薄利多売が基本なので、ある程度は売れないと商売は成り立ちません。

パレッテを肯定的に書いている記事は、海外のハードディスカウントストアの成功例を出して、日本でも近い将来、きっと成功するモデルと書いているのですが、海外モデルのものを持ってきて、イオンが成功したことは、ほとんどありません。

ほぼ失敗に終わっています。

イオンも本当に学習しないな…といつも思っています。

海外と比較するコンサルタント・小売のコンサルタントがいますが、それらの人が言うことが当たることって、本当に少ないんですよ。

確かに、10年後20年後には、パレッテのような形態のディスカウントストアが受け入れられていくかもしれませんが、それまでイオンの経営陣が我慢出来るのか?ということが考えられていません。

ひょっとしたら、ギリギリ黒字化は出来て、細々と運営されていく可能性もありますが、イオンの主流となる店舗にはなり得ないと考えます。

以上、パレッテ株式会社についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました