イオンSuicaカード

イオンSuicaカードイオンカード一覧
2021年9月11日よりときめきポイントはWAON POINTに統合されます。WAON POINTに統合されることで、1ポイント1円からWAON POINT加盟店で使うことが出来ます。また1ポイントから電子マネーWAONにも交換可能です。
ニコちゃん
ニコちゃん

イオンSuicaカードってどうなの?Suicaを使う人にはおすすめなのかな?

Jちゃん
Jちゃん

たまにSuicaを使うという人には良いと思うけど、よくSuicaを使う人には全くおすすめしないイオンカードだよ。

イオンSuicaカードは、クレジットカードであるイオンカードに交通系電子マネーの代表とも言えるSuicaの機能を持たせたクレジットカードです。

イオンカードをよく使い、たまにSuicaを使うという人には便利なカードです。ただしSuicaをよく使うという人には全くおすすめしないクレジットカードです。

新規申込み&利用で20%還元のキャンペーン中!

イオンカード 20%還元キャンペーン

イオンSuicaカードとは

Jちゃん
Jちゃん

イオンカードに交通系電子マネーのSuica機能がついたクレジットカードだよ。

イオンSuicaカードは、クレジットカードであるイオンカードに交通系電子マネーの代表とも言えるSuicaの機能を持たせたクレジットカードです。

またWAON POINT加盟店で現金払いをしたい時に使える「WAON POINTカード」の機能も持っています。

つまり

  • クレジットカードとしてのイオンカード機能
  • 電子マネーSuicaとしてのSuicaカード機能
  • WAON POINTカードとしてのポイントカード機能

この3つの機能が1つになったイオンカード(クレジットカード)です。

新規申込み&利用で20%還元のキャンペーン中!

残念ながら電子マネーWAONの機能は無いため、電子マネーWAONと連携して(オートチャージ等)使いたい場合は、別途「WAONカードプラス」を申込むことが必要です。

WAONカードプラスについては下記記事をご覧ください。

イオンSuicaカードのおすすめ度は実は低い

Jちゃん
Jちゃん

実は、イオンSuicaカードはあまりおすすめしたくは無いんだ。

イオンSuicaカード、イオンでもお得になるし、Suicaへのオートチャージも出来て非常に使い勝手の良さそうなクレジットカードに思うかもしれません。

しかしあまりおすすめではありません。

理由は2つです。

  • イオンカードならWAON一体型の方が便利だから
  • Suicaへのオートチャージのポイント還元率が低すぎる

イオンカードならWAON一体型の方が便利だから

イオンSuicaカードは交通系電子マネーの代表格とも言えるSuicaがついていることがメリットです。

でもイオンで買い物をするのなら、SuicaよりもWAONがついている方が便利です。

イオンカードとSuica、2枚のカードを持ちたくない!という人以外は、正直なところ、イオンカードを持つのであればイオンで一番お得になるイオンカードセレクトがおすすめです。

新規申込み&利用で20%還元のキャンペーン中!

Suicaへのオートチャージのポイント還元率が低すぎる

イオンSuicaカードでSuicaにチャージをした場合のポイント還元率は0.25%しかありません。

これはSuicaにチャージ出来るクレジットカードの中で最もポイント還元率が低くなっています。

JR東日本が発行するクレジットカード「VIEWカード」でSuicaにチャージをするとポイント還元率は1.5%です。

つまりイオンSuicaカードの6倍もSuicaへのチャージでポイントが貯まります!

VIEWカード(ビューカード)もいろいろと種類が出ており、ライフスタイルによっておすすめのVIEWカードは異なりますが、

  • ビュースイカカード=一般的なビューカード
  • ビックカメラSuicaカード=ビックカメラ・コジマでよく買物をする人がお得
  • ルミネカード=ルミネでよくお買物をする人がお得

おすすめは、ビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージして、ビックカメラで使えば最大11.5%のポイント還元を得られます。

東京等でビックカメラが駅前にあるところで生活している人であれば、一番おすすめです。

また、ビューカードは年会費が毎年477円(税別)がかかりますが、ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料で、年1回以上のカード利用があれば翌年度も年会費が無料になります。

実質無料でSuicaカードを持ちたいのであれば、ビックカメSuicaカードが最もお得です。

イオンカードとSuica、2枚のカードを絶対に持ちたくない!という方以外はイオンSuicaカードはおすすめしません。

ビューカードについて、どんな種類があるのか気になったら下記記事が参考になります。

イオンSuicaカードの特典・メリット

イオンSuicaカードの特典やメリットは下記のものがあります。

  • 貯まったときめきポイントをSuicaにチャージ出来る
  • イオンカードでは数少ない旅行傷害保険がついている
  • VIEWカード特典も使える
  • Suicaが欲しいだけならデポジット無しで持てる
  • エンボレスでスマート

イオンカードの共通特典

イオンカード(イオンのマークがあるクレジットカード)の共通特典は下記のものがあります。特典名クリックで詳細記事へと移動します。

イオンSuicaカードでは対応していないものがあるので対応が○になっているか×になっているかで確認してください(一部△もあり)。

上記項目を簡潔にまとめたイオンカード共通の特典一覧は下記をクリックして下さい。

ニコちゃん
ニコちゃん

でも特典が多すぎてよくわからないよ!

Jちゃん
Jちゃん

確かに!!

簡単にまとめると下記のようになるよ。

  • 毎月0の付く日はカードでお得に買物が出来る(5%OFF or ポイント5倍)
  • カードを使っているとお得なクーポン券がもえらえる
  • カード会員だけのお得なセールがある
  • カードが盗まれたり、カードで買ったものが盗まれたり壊れた時も安心
  • スマホ決済にも各種対応している
  • よりお得にライフスタイルに合わせた有料特典もある

あとは使いながら覚えていけば大丈夫です。

貯まったときめきポイントをSuicaにチャージ出来る

イオンSuicaカードの利用で貯まったときめきポイントはSuicaへのチャージ(入金)が可能です。1000ポイントでSuica1000円分にチャージ出来ます。

ただしJR東日本の駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で行うことになります。

イオンカードでは数少ない旅行傷害保険がついている

イオンカードとしては数少ない旅行傷害保険がついています。

海外旅行傷害保険は自動付帯(イオンSuicaカードを持っているだけでOK)、国内旅行傷害保険は切符旅行商品の購入をイオンSuicaカードのクレジットカード機能で支払っていることが条件になります。

保険金額は下記の通りです。

イオンSuicaカード保険金額

VIEWカード特典も使える

イオンSuicaカードはイオンカードでもありますが、VIEWのマークがついており、VIEWカードの特典も利用出来るようになっています。

詳しくはVIEWカード会員限定特典をご覧ください。

Suicaが欲しいだけならデポジット無しで持てる

普通にSuicaカードだけが欲しい!という場合、JRでSuicaカードを発見してもらうと、500円のデポジット(保証金)が必要になります。

Suicaを返却すればデポジットは返却してくれるのですが、500円を預けておくのが勿体ないと思うことも確か。

でもイオンSuicaカードならデポジット無しなので、無料でSuicaを持つことが出来ます。

エンボレスでスマート

クレジットカードと言えばカード番号や名前が凸凹しているものですよね。

でも薄手のサイフに入れる時は凸凹が邪魔でサイフがかさばる原因にもなっています。

イオンSuicaカードは凸凹の無いエンボレスタイプのクレジットカードなので、サイフがかさばることなく収納出来ることがメリットになっています。

イオンSuicaカードの欠点・注意点

イオンSuicaカードの注意点・欠点は下記の通りです。

  • WAONをカードとして使いたい場合は別途300円かかる
  • クレジットカードのタッチ決済には非対応
  • Suicaへのオートチャージのポイント還元率が低すぎる

WAONをカードとして使いたい場合は別途300円かかる

イオンSuicaカードは、電子マネーとしてSuicaがついているため、イオンの電子マネーWAONの機能はついていません。

電子マネーWAONも使いたい場合、FeliCa対応のスマホを持っている場合はモバイルWAONアプリをインストールして使うか、WAONカードプラスというWAONカードを発行してもらい、使うことになります。

ただしWAONカードプラスの発行には発行手数料300円がかかります。

クレジットカードのタッチ決済には非対応

クレジットカードのタッチ決済とは電子マネー同様、クレジットカードをタッチ端末にかざすことでクレジット決済ができるサービスです。

イオンカードはほとんど対応していますが、イオンSuicaカードは非対応となっています。

クレジットカードのタッチ決済を希望する方は他のイオンカードを選ぶことをおすすめします。

なお交通系電子マネー搭載のイオンカードはすべてクレジットカードのタッチ決済には非対応となっています。

Suicaへのオートチャージのポイント還元率が低すぎる

先述した通り、イオンSuicaカードからSuicaへのオートチャージは可能ですが、ポイント還元率が低すぎるという問題があります。

イオンSuicaカードでSuicaにチャージするとポイント還元率は0.25%です。

これはSuicaへのオートチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中では最もポイント還元率が低いものです。

JR東日本が発行するクレジットカード「VIEWカード」であればSuicaへのオートチャージのポイント還元率は1.5%です。

つまりイオンSuicaカードでSuicaにチャージをするのは全くもってお得ではありません。

Suicaへのオートチャージで一押しは「ビックカメラSuicaカード」です。

イオンSuicaカード 基本情報

イオンSuicaカード

おすすめ度:★★

  • イオンカードに交通系電子マネー「Suica」がドッキング
  • Suicaを無料で作りたいという方、イオンカードをよく使い、Suicaをたまに使うという方におすすめ
  • 年会費・発行手数料:ともに無料
  • 申込み資格:高校生を除く18歳以上
  • 国際ブランド:VISA・Mastercard・JCBから選択
  • 引落口座:イオン銀行含む金融機関の口座
  • ポイント還元率:0.25~1%
  • 電子マネー機能:Suica(WAONカードプラス対応)
  • ポイントカード機能:WAON POINTカード
  • Apple Pay:対応(iD)
  • イオンiD:対応
  • 貯まるポイント:ときめきポイント・WAON POINT
  • ETCカード:発行可(無料)
  • 家族カード:発行不可
  • 申込みから届くまで(通常申込み):2~3週間
  • 店頭受取(当日発行):非対応
  • 最短5分発行(アプリ対応):非対応
新規申込み&利用で20%還元のキャンペーン中!

イオンカード 他の交通系クレジットカード

絵柄をクリックで詳細記事へと移動します。

イオンSUGOCAカード

イオンカードKitaca

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

コメント

タイトルとURLをコピーしました