イオンカードのETCカードは申込むべき!無料で発行出来る予備ETCカードにおすすめ

イオンカード
ニコちゃん
ニコちゃん

イオンカードを申込む時に「ETCカード」を申込むか、申し込まないか確認画面があるでしょ?

申し込んだ方が良いのかな?

Jちゃん
Jちゃん

既にETCカードを2枚以上持っている人なら不要だと思うけど、まだETCカードを1枚も持ってない人なら、車に乗る・乗らないに関わらず申し込んだ方が良いよ。

イオンカードを申込む時、ETCカードを同時に申込むかどうかの画面が出ますが、申し込んだ方が良いのか、申し込まない方が良いのか、悩んでしまうのではないでしょうか?

そもそもETCカードって何だっけ?と思うかもしれませんね。

結論から言えば既にETCカードを2枚以上持っている方を除いて、車に乗る・乗らないに関わらず、ETCカードは申し込んでおくことをおすすめします。

なぜ申し込んだ方が良いのかも含めて、ETCカードおよびイオンカードのETCカードについて詳しく説明します。

何よりイオンカードのETCカードは、イオンカード会員の特典の1つとも言えるおすすめのサービスです。

イオンカードキャンペーン

ETCカードとは

ETCカードは、簡単に言えば高速道路や有料道路で自動でゲートを通るために必要なカードです。

クレジットカードと紐付けられており、高速道路等の有料料金を自動でクレジットカードで支払ったことにしてくれます。

ETCカードを使うためには、ETC車載器というものが必要です。

有人のゲートを通る必要性が無いため、時間の節約になったり、ETCを利用することでお得な高速道路の割引料金を受けることができます。

またクレジットカードを使うことになるので、ほとんどのクレジットカードでETC利用分に対してもポイントが貯まります。もちろんイオンカードもETC利用分もポイントが貯まります。

なおETC車載器は、取り付けただけでは使えません。

ETC車載器に自動車の大きさ等の情報(車検証情報)を登録するセットアップという作業をセットアップを行うことが許された登録店で行うことが必要です。

高速道路は自動車(バイク)の大きさにより料金が変わるため、大きさの情報をETC車載器に登録するためです。

ETCカードはあくまでも料金を支払うためにクレジットカードと連動させるためのものであって、車の情報は一切必要ありません

ETCカードはお得!

高速道路に乗る場合、ETCカードは非常にお得です。

ETCカードがなぜお得なのかその理由は大きく3つです。

  • ETCカードで高速道路代を支払うことで、割引サービスやポイント還元がある
  • ETCカードはクレジットカードに紐付いているからクレジットカードのポイント還元の対象となってポイントが貯まる
  • 時間の節約になってお得になる

ETCカードで高速道路代を支払うことで、割引サービスやポイント還元がある

ETCカードを使う場合、事前にETCマイレージサービスに申し込んでおくことで、ETCカードでの通行料金の支払額に応じて、 ポイントが貯まります。

貯まったポイントは高速道路代に使うことが出来ます。詳しくはETCマイレージサービスをご覧ください。

またETCカードを使うことで高速道路代が割引になることもあります。

例えば朝や夕方に高速道路を利用して通勤している人向けに平日朝夕割引というものがあったり、休日割引があったり深夜割引があったりします。

高速道路によって割引を行っていたり割引率は異なるのですが、多くの方はお得になると言えます。

詳しくは下記サイトで確認してみてください。

中には高速道路代が半額になる人もいますよ。

クレジットカードのポイント還元の対象となってポイントが貯まる

ETCカードはクレジットカードに紐付いているのでクレジットカードを使ったことになります。

クレジットカードを使うということはクレジットカードのポイントが貯まるということです。

現金で支払っていたら貯まらないポイントもクレジットカードなら貯まります。

ただし一部のクレジットカードではETC利用分はポイント対象外というものもあるので、注意してください。

イオンカードはもちろんポイント還元の対象です。

時間の節約になってお得になる

何よりも時間の節約になるのがETCカードの良いところ。

人のいる料金所で並んで待っている時間って物凄く勿体無いですよね。

特に前の人が細かいお金を出そうとして時間がかかるとイライラしてしまうことも。

ETCであれば減速してそのままETCゲートを通過出来るのですから時間の節約にもなります。

時は金なりという言葉もある通り、時間の節約はお金の節約にも繋がります。

ETCカードは車を持って無い人にもおすすめ

自動車を持ってないからETCカードは不要と考える人もいますが、レンタカーに乗ることがあるのであれば、ETCカードは持っておくことをおすすめします。

今はほとんどのレンタカーでETC車載器が取り付けられており、自分のETCカードを持っていればレンタカーのETC車載器に自分のETCカードを入れて使うことで、レンタカーでもお得に高速道路を利用することができます。

タクシーでも使うことが可能なこともあり

タクシーで高速道路を走ることは稀だと思いますが、タクシーによっては高速道路を走る時に自分のETCカードが使えることもあります。

自分のETCカードであれば、高速道路の利用料分は自分で支払うことになるので、その分のクレジットカードのポイントも貯まります。

知り合いと出かける時にも便利なETC

自分では車の運転はしないけど、人に乗せてもらうこともありますよね。

人の乗せてもらう時に高速道路を通るのであれば、せめてものお礼に高速道路の料金くらいは払おうかな?という時に自分のETCカードを使ってもらうことも出来ます。

ちゃっかりポイントは自分のものにして。

ETCカードは2枚以上持つのがおすすめ

既にクレジットカードを持っていて、ETCカードを持っているからETCカードは必要ないと思うかもしれませんが、普段から車を運転する人であれば、ETCカードは2枚持っておくことをおすすめします。

理由はもしETCカードが壊れてしまった場合、代りのETCカードが無いと非常に不便だからです。

ETCカードはICチップがついていて、ICチップに強い電磁波があたったり、傷がつくことで使えなくなることがあります。

何でもそうですが、よく使うものは予備を持ってないと壊れた時に非常に不便なので、ETCカードは出来れば2枚以上、持っているようにしてください。

イオンカードのETCカードのかかる料金

イオンカード ETC専用カード申込み画面

イオンカードを申込む時に上記画面で「ETC専用カード」を申込むかどうか確認されます。

一応「入会金・年会費無料」と書かれているけど、本当に無料なの?と思うかもしれませんが、本当に無料です。

利用した高速道路の料金しか請求されませんし、後払いとなります。おまけにポイントまで貯まります。

後から申込むことも可能

既にイオンカードを持っていて、ETCカードは作らなかったという場合でも、後から申込むことも可能です。

後から申込む場合でも、料金は一切かかりません。

イオンカードのETCカードの料金はカードと一緒に請求される

イオンカードのETCカードを利用した場合、請求はイオンカードの請求と一緒になります。

イオンカードは毎月10日締め切りで翌月2日に銀行口座から引き落とされますが、ETCカードも毎月10日締め切りで、イオンカードと一緒に請求されます。

深夜に高速道路を走り深夜0時を跨いだ場合、それが10日から11日変わる時なら11日に高速道路を降りたのであれば、11日に精算したことになるので翌々月の請求となります。

ただしこれは絶対ではなく、ETCカードの売上は最大で2ヶ月近く遅れて請求されることがあるので注意してください。

なお、ETCカードはクレジットカードの限度額オーバーでも使えてしまえるので、都度、限度額を確認している訳では無いので遅れるのも致し方ないことです。

ETCカードが絶対についてくるイオンカードもあり

イオンカード(イオン銀行)が発行しているETCカードは2種類です。

一部サイトで3種類あるとされていますが、現在は2種類のみです。

  • 追加カード(一般的にはこれ)
  • 自動付帯カード(特定のイオンカードで自動的についてくる)
  • 一体型カード(既に廃止されている)

以前はイオンカードそのものにETCカード機能をつけたクレジットカードがありましたが、現在は発行されていません。

自動付帯カード(イオンカードを申込むと自動的についてくる)のイオンカードについては下記記事を参考にしてください。

イオンカードのETCカードのメリットとデメリット

イオンカードのETCカードにはメリットもあればデメリットもあります。

イオンカードのETCカードのデメリット

イオンカードのETCカードのデメリットは、ポイント還元率が低いことです。

高速道路代200円(税込)につき1ポイントなのでポイント還元率は0.5%しかありません。

ポイント還元率が高いクレジットカードのETCカードであればポイント還元率は1%以上になるので、メインとなるETCカードはポイント還元率の高いクレジットカードを申込むことをおすすめします。

ただし、イオンカードの種類によっては、年会費無料のクレジットカードの中では最強のポイント還元率になるものもあります。

それは、イオンNEXCO西日本カードです。

最大6000円相当のポイントがもらえる!

他にも特定の高速道路で非常にお得になるイオンカードもあります。詳しくは下記記事を参考にしてください。

イオンカードのETCカードのメリット

イオンカードのETCカードのメリットは2つあります。

  • 発行手数料・年会費が無料
  • ETCゲート 車両損傷お見舞金制度がある

発行手数料・年会費が無料

イオンカードのETCカード発行手数料・年会費は無料です。

人気の楽天カードはETCカードの年会費が500円(税別)かかります。

予備のETCカードとして、年会費・発行手数料無料のイオンカードのETCカードはおすすめです。

ETCゲート 車両損傷お見舞金制度がある

イオンカードのETCカードを使っていて、万一ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故に対し、年1回、一律5万円分のお見舞金が支払われます。

ただしクレジットカード会本人が運転、または同乗かつ会員さまのETCカードを正常に使用(挿入)したクルマが、ETC料金所ゲートの開閉バーに衝突し、車両損傷があった場合が対象です。

対象となる自動車は、クレジットカード会員本人、配偶者、同居の家族、生計を共にする別居の未婚のお子さんが所有する自動車、有権留保付割賦販売契約、およびリース業者から1年以上を期間とするリース契約にて借り入れた自動車となります。

イオンカードのETCカードに関するQ&A

イオンカードのETCに対する疑問に答えます。

イオンのETCカードを持っているけどETCカードだけ退会出来る?

イオンカードのETCカードのみを退会することは可能です。

その場合はイオンカードのコールセンターに電話をしてください。

コールセンター1:0570-071-090(ナビダイヤル)

コールセンター2:043-296-6200

イオンカードは持ってるけどETCカードの即時発行は可能か?

既にイオンカードを持っている方であれば即日のETCカード発行は店舗によっては可能です。

イオン銀行の窓口があったり、イオンカードの窓口が常時ある店舗であれば可能です。

ETCカードに有効期限はあるの?

ETCカードにも有効期限はあります。

イオンカードのETCカードの場合は、イオンカードの有効期限と同じです。

イオンカードが新しく届いたら、有効期限が迫っているので、ETCカードが届くのを待って、必ず交換してください。

以上、イオンカードのETCカードについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました