広告を掲載していますがランキングや内容については影響させていません。

WAONと楽天Edy、どっちがお得か比較!使う場所次第です。

WAONと楽天Edy、どっちがお得か比較!使う場所次第です。 電子マネーWAON

発行枚数1位の電子マネーが楽天Edyですが、利用金額はWAONの方が多いのでは?と言われることもあります。

人気の電子マネー、WAONと楽天Edy、どちらをメインに使う方がお得なのか気になる方へ、どちらがお得なのか詳しく説明します。

結論は、持つ(オートチャージする)クレジットカードと使う場所・お店次第です。

特にイオン系列のお店で使うことが多いのならWAON、西友のお店や楽天ポイント加盟店なら、楽天Edyがおすすめです。

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

WAONと楽天Edyのクレジットチャージとチャージポイント

WAONと楽天Edyのチャージポイントについてまずは説明します。

電子マネーWAONへのチャージポイント

電子マネーWAONへクレジットチャージ出来るクレジットカードは少し特殊です。

下記が一覧となります。

WAONの種類 利用可能な
クレジットカード
チャージポイント
一般的なプラスティックカード
のWAON
イオンカードのみ なし
三井住友カード WAON 三井住友カードのみ なし
JP BANKカード WAON JP BANKカードのみ なし
イオンカードセレクトと
一体のWAON
イオンカードセレクト
のみ
(オートチャージのみ)
200円で1ポイント
イオンカードセレクト以外の
イオンマークのカードと一体の
WAON
イオンマークの
カードのみ
なし
モバイルWAON
(Androidのスマホ)
イオンマークの
カードのみ
なし
Apple PayのWAON クレジットカード
各種
(Mastercard・JCB・
AMEXのみ)
カードによる

上記以外にも特例としてクレジットチャージでチャージポイントが発生するもの(KASUMIカード等)もありますが、特殊な事例のみなので省略しています。

基本的にカードからチャージして確実にポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトからのオートチャージのみです。

もっともイオンカードセレクトのWAONへのオートチャージはクレジットチャージではなく、イオン銀行からの即時引き落としによる現金チャージです。

iPhoneのApple PayのWAONは、Mastercard・JCB・AMEXのマークがついたクレジットカードからチャージは出来ますが、ポイントが貯まるかどうかは、クレジットカード次第で、確実にチャージポイントが貯まるといえるクレジットカードはわかりません。

また現状はチャージポイントが貯まるクレジットカードでも、いつチャージポイントがなくなるのか不明です。

なおイオンやマックスバリュ等で、特定の日に5000円以上・1万円以上のチャージでWAON POINTをプレゼント(50~500WAON POINTくらい)する企画はたまに行われています。

楽天Edyへのチャージポイント

楽天Edyへのチャージ方法は現金か、楽天カードか、楽天ポイントとなります。

その中で確実にポイントが貯まるのは楽天カードのみです。

200円毎に1ポイント、楽天ポイントが貯まります。

現金だとチャージポイントは貯まりません。

ただし西友等で、特定の曜日や日にちに現金チャージをすると1.5%分のポイントが付与されるようになっています。

なお楽天Edyは、iPhoneでは使えないので、スマホで電子マネーを使いたい人には向いていません。

iPhoneで楽天Edyへのチャージは可能ですが、利用は出来ない状況が続いています。

チャージによるポイントの比較

  • WAONへイオンカードセレクトでのオートチャージ:ポイント還元率0.5%
  • 楽天Edyへ楽天カードからのチャージ:ポイント還元率0.5%

特例を除き、ともにチャージポイントは最大0.5%となっています。

また店頭でのチャージでチャージポイントが増えるのも、似たような感じなので、チャージのよるポイントの差はそれほどありません。

最もイオンカードセレクトは、イオン銀行のみという条件がついているので、チャージポイントのお得さは、楽天Edyの方が利便性があります。

WAONと楽天Edyの利用によるポイント

WAONも楽天Edyも利用によるポイントは、200円(税込)につき1ポイントです。

ただし、それぞれ利用する場所でポイント数は変わってきます。

イオングループの場合

イオングループのすべての店舗ではありませんが、電子マネーWAONで支払うと200円(税込)につき2ポイントがつくことがあります。

電子マネーWAONへの会員登録は必須ですが、多くのイオングループの店舗において、電子マネーWAONで支払うと200円につき2ポイントがつくことがあります。

楽天ポイント加盟店の場合

楽天ポイント加盟店(楽天ポイントカードの提示でポイントが貯まるお店)の場合、楽天Edyの支払いで200円につき1ポイントが貯まります。

更に楽天ポイントカードの提示で更に100円(税込・税別の場合両方あり)で1ポイント、もしくは200円(税込・税別の場合両方あり)で1ポイントが貯まります。

また西友だと、楽天Edyの支払いでポイントアップすることがあります。

利用によるポイントの比較

イオングループであれば、楽天Edyが使えるところは非常に少ないので、電子マネーWAONで支払うしか無いことが多いのですが、イオングループの多くの店舗で還元率は1%となっています。

楽天Edyは200円で1ポイントですが、楽天ポイント加盟店になっていることが多いので楽天Edyのポイントと楽天ポイントカードのポイントをあわせて1%くらいになっています。

なおイオングループで楽天Edyが使えるのは「ミニストップ・マルエツ・ウエルシア系列のドラッグストア」ですが、楽天ポイント加盟店になっていません。

イオングループで電子マネーWAONでポイント2倍になっているところでは、電子マネーWAONがお得で、楽天ポイント加盟店になっているところでは、楽天Edyがお得です。

電子マネーWAONと楽天Edyのポイントの汎用性

電子マネーWAONで貯まるポイントと楽天Edyで貯まるポイント、どちらが汎用性(使い道が多いか少ない)が高いのは、どちらかと言えば、楽天Edyで貯まる楽天ポイントといえるでしょう。

電子マネーWAONで貯まるポイントは2種類

電子マネーWAONの欠点は、利用する場所によって貯まるポイントが異なることです。

  • イオングループの多く=WAON POINT
  • イオングループ以外の多く=WAONポイント

読み方は同じ「わおんぽいんと」ですが、ポイントの種類が異なります。

WAONポイントは電子マネーWAONにチャージして使うしか方法がありません。

WAON POINTは電子マネーWAONへのチャージ以外にもWAON POINT加盟店で1ポイント1円で使えたり、イオンカードを持っていれば、他のポイント・マイル(JALのみ)に交換可能です。

2つのポイントの管理をしないといけないのが、電子マネーWAONの欠点です。

楽天Edyで貯まるポイントは1つのみ

楽天Edyで貯まるポイントは1つのみ、楽天ポイントのみです。

楽天ポイントは、楽天ポイント加盟店で1ポイント1円で使えたり、楽天Edyや楽天Payとして利用可能です。

他のポイントには交換出来ませんが、マイル(JAL・ANA共に)に交換可能です。

ポイント単体での使い道は楽天ポイントの圧勝

ポイント単体での使い道は、加盟店が多い楽天ポイントが圧勝しています。

電子マネーWAONで貯まるWAON POINTは、ほとんどがイオングループのWAON POINT加盟店でしか使えません。

WAONと楽天Edyが使えるお店の比較

電子マネーWAONと楽天Edy、それぞれのグループ以外で使えるお店の比較を簡単にしてみます。

WAONと楽天Edyが使えるコンビニ比較

コンビニ名 WAON 楽天Edy
セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ポプラ
スリーエイト
生活彩家
セイコーマート
ミニストップ

楽天Edyが使えないコンビニはありませんが、WAONが使えないコンビニはセブンイレブンがあります。

WAONと楽天Edyが使えるドラッグストア比較

ドラッグストア名 WAON 楽天Edy
ウエルシア薬局
ハックドラッグ
ダックス
ツルハ
くすりの福太郎
ドラッグストア ウェルネス
レディ薬局
ドラッグ ユタカ
金光薬局
サツドラ
ドラッグ セイムス
ドラッグストア スマイル
アメリカンドラッグ
くすりの救命堂
スギ薬局
クスリのアオキ
新生堂薬局
薬王堂
ココカラファイン
キリン堂・サーバ
サンドラッグ
アインズ&トルペ
コスメティック&メディカル
ドラッグストア ポピー
ドラッグストア セキ
クリエイトエス・ディー
カワチ薬品

WAONが使えないドラッグストアはありますが、楽天Edyが使えないドラッグストアはほとんどありません。

WAONと楽天Edyが使えるスーパー比較

イオングループのスーパーおよび西友は除いています。

スーパー名 WAON 楽天Edy
イトーヨーカドー
アピタ・ピアゴ
サミット
ゆめマート

WAONが使えるスーパーは、イオン系列くらいですが、楽天Edyが使えるスーパーは、かなり多くあります。

支払い方法として、楽天Edyがそれだけ確立されていると言えます。

WAONと楽天Edy、どっちがおすすめ?

日常的にイオングループの店舗を使うのなら、WAONがおすすめですが、イオングループの店舗をあまり使わないということであれば、楽天Edyがおすすめです。

使えるお店の数が段違いで違います。

もちろんイオングループの店舗は非常に多いので、WAONも便利ですが、ポイント管理が面倒だったりするので、普段使いの電子マネーなら、楽天Edyがおすすめです。

なおイオングループを使うことが多いのなら、電子マネーWAONよりもイオンカードセレクトに一体化している電子マネーWAONにオートチャージして使うのがおすすめです。

新規入会&利用等でもれなく最大5000円分のポイントがもらえる!

楽天Edyは、Androidのスマホなら、楽天Payアプリをインストールして使うのがおすすめですが、iPhoneの場合は楽天Edyは使えないので、楽天カードと一体になった楽天Edyを使うのがおすすめです。

もちろんAndroidのスマホで楽天Payアプリで楽天Edyを使う場合でも楽天カードは必須となってきます。

新規入会&利用で5000円分のポイントがもらえる!

以上、WAONと楽天Edyの比較でした。

電子マネーWAONイオン vs 西友・楽天

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

この記事が役立ったら是非シェアしてください!
WAONインフォをフォローする
イオンカード おすすめベスト7
イオンでお得になる本当にお得でおすすめのイオンカードを紹介しています。

50種類以上あるイオンカードの中からあなたに最適な1枚が見つかります!
ワオーンインフォメーション-イオンカード・WAONの情報-

コメント

タイトルとURLをコピーしました