イオン等のスーパーマーケットの商品の入荷時間・納品時間はいつ?

スーパーの店内スーパーマーケットの知識
ニコちゃん
ニコちゃん

スーパーとかの商品の入荷時間って決まっているのかな?

Jちゃん
Jちゃん

ほぼ決まっているけど、お店でかなり異なるからお店単位で調べないと意味は無いよ。

出来るだけ新しい商品や商品が豊富な時に買い物に行きたい

目当ての商品があるから、目当ての商品が入荷した時に買い物に行きたい

いろいろな理由でスーパーマーケットやドラッグストアの入荷時間を知りたいという方は多いようです。

実際、スーパーマーケットの入荷時間はいつなのか詳しく解説します。

ただし、実際には入荷時間よりも店出し時間の方が重要です。

スーパーマーケットの入荷の仕組みから知ろう

イオン等のスーパーマーケットや小売店の入荷時間というのは、納品の仕組みによって大きく異なります。

だから先に納品の仕組みを説明します。

納品=入荷時間になる訳ですが、納品形態は3つに分類出来ます。

  • 自社で買い付けて自社で納品している=非常に小さいスーパー
  • メーカーや問屋に納品してもらう=規模の大小なし
  • 物流センターから納品してもらう=主に中大規模のスーパー

自社で買い付けて自社で納品している=非常に小さいスーパー

個人で行っている小さなスーパーだったり小売店だとすると、自分で市場等に買付にいって、自分で納品して、自分で店出しをするという仕組みになります。

この場合、基本的には1日1回で、早朝に1回のみの納品ということになります。

大手のスーパーマーケットでも生鮮食品で稀にこの方法を行っている場合はあります。

メーカーや問屋に納品してもらう=規模の大小なし

メーカーや問屋に商品を納品してもらうことは、規模に関係なく行われています。

メーカーや問屋が直接納品することもあれば、メーカーや問屋が配送業者に依頼して発送をしている場合もあります。

  • メーカー・問屋が納品=ルート配送になるので概ね決まった時間になる
  • 配送業者が納品=ルート配送もあれば、宅配便と同じで状況により時間が大きく異なる場合もある

入荷時間は様々なので店舗に通って、調べるしかありません。

山崎パンが、この方法で配送をしているのは見たことがあると思います。

大手スーパーでも地元の人気商品(地元の豆腐や野菜や納豆等)はメーカーや問屋に納品してもらっている場合が多々あります。

物流センターから納品してもらう=主に中大規模のスーパー

メーカーや問屋に物流センターに納品してもらい、いろいろなメーカーの商品をまとめて一括で、店舗に納品する方法です。

大手のスーパーマーケットやコンビニはこの方法が主流です。

というのもメーカーや問屋にしてみると個別に配送・出荷をしていると配送・出荷コストが大きくなってしまい、コストが大きくなれば、それは商品原価に組み込まれます。

でもまとめて1ヶ所に納品であれば配送・出荷コストは大幅に下げられるので、原価を安く抑えることが出来ます。

メーカー・問屋は手間やコストを下げられる、スーパーやコンビニはコストが下がるのだから原価を安くして欲しいという原価交渉が行えます。

スーパーの入荷時間帯は2回から3回

納品の仕組みが3種類あるのは説明した通りですが、その納品形態で入荷時間は異なります。

  1. 自社で買い付けて自社で納品している=主に朝のみ
  2. メーカーや問屋に納品してもらう=時間はバラバラ(店舗の営業時間がメイン)
  3. 物流センターから納品してもらう=1日2回もしくは3回

1と2については、もう説明の必要も無いので3の物流センターの場合について説明します。

物流センターから店舗の納品時間=入荷時間は1日2回か3回です。

  • 朝便=開店前(主に食品)
  • 午後便=11時~15じくらい
  • 夜便=18時~23時くらい

朝便はスーパーマーケットの場合は主に食品が配達される

食品でも加工食品と呼ばれる日持ちする商品の入荷はほぼありません。

水産・畜産・農産・惣菜(デリカ)・日配(デイリー)と呼ばれる部門の商品が納品されてきます。

午後便はいろいろな商品が納品される

午後便はいろいろな商品が入荷してきます。

食品もあれば、日用雑貨、家電売場があるイオンであれば家電製品も。

なお食品に関してはこの午後便を狙った方が良い場合もあります。

というのも、豆腐や納豆、干し魚等の少しは日持ちする商品というのは毎日作られますが、朝入荷した商品というのは、前日に作られたものの場合が多くなっています。

しかし午後に入荷する商品というのは、当日の朝に作られたものなので、製造日がより新しいものとなっています。

夜便は加工食品や日用雑貨品が多い

スーパーだと閉店時間が19時から23時くらいのところが多いですよね。

でも中には24時間営業もあります。

19時から21時の閉店時間の店舗だと夜便の荷物は受け付けてないところが多くなっていますが、21時以降も営業している場合は夜便の荷物として、加工食品や日用雑貨品などのあまり消費期限・賞味期限が重要では無い商品が入荷してきます。

そして夕方から出社してくる学生アルバイトに店出しをしてもらうということが多くなっている訳です。

生鮮食品に比べて、加工食品や日用雑貨品は加工をしたり商品の質を見極めることがほとんど無いので、店出しの仕方さえ教えてしまえば、入りたてのアルバイトでも出来てしまうので、夜便はそういった品出しが簡単な商品が多くなっています。

気になる商品の入荷時間・マスクや消毒関係

スーパーの入荷時間を調べていて、この記事にたどり着いた人が気になるのが、マスクや消毒関係の商品ではないでしょうか?

マスクは元々は日用消耗品もしくは医療品として入荷してくるので、午後便か夜便が多くなっていました。

ドラッグストアであれば朝便の場合もあります。

で、マスクや消毒関係の商品がいつ入荷しているかと言えば、今(2020年4~5月)の段階だと不明です。

というのも、今はどこの小売店もこれらの商品はいつでも良いから、どんな納品方法でも良いからあれば納品して欲しい!とメーカー・問屋にお願いをしている状況です。

そして、今物流関係はどこも大変な状況です。

だからどの小売店もマスク等の入荷時間は内緒にしており、混雑が発生せず、買い占めが発生しない状況の時に店出しをする方法へと切り替えました。

だから今はマスクの入荷時間そのものを調べること自体が無意味です。

見つけたら買う、もしくはネットでやや高いものを購入するというつもりでいることをおすすめします。

楽天であれば今はもう3日から1週間で入荷する状況になっていますよ。

以上、イオン等のスーパーマーケットの商品の入荷時間・納品時間についてでした。

スーパーマーケットの知識
この記事が役立ったら是非シェアしてください!
WAON非公式インフォをフォローする
イオンカード 人気No.1

イオンカードで一番人気なのがイオンカードセレクト。
イオンで最大1.5%のポイント還元率を受けられる超高還元率を誇ります。
イオンで損をしたくなければこのカード択一です。

イオンカード おすすめ2位

イオンのポイントよりもマイルが欲しい!という人に人気のイオンカードがイオンJMBカードです。
イオンをよく使う人なら、使い方次第で有料のJALカード以上のJALマイルを貯めることができる凄いカードです。
年会費無料のJALマイルが貯まるクレジットカードです。

WAON・イオン非公式インフォメーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました