イオン等のスーパーマーケットで冷凍食品半額は行われないのか?お得では無いから

スポンサーリンク
スーパーマーケットの知識
ニコちゃん
ニコちゃん

イオンとかイトーヨーカドーでも昔は冷凍食品半額ってよくやってたけど、最近は見ないね。

Jちゃん
Jちゃん

まともな会社なら今時、冷凍食品の半額なんてしないよ。3割引とか4割引もね。

2005年くらいまではよく見かけたスーパーマーケットの冷凍食品、最近はめっきり見なくなったと思いませんか?

イオンやイトーヨーカドーでも均一価格での販売が増えており、冷凍食品の半額や4割引等の割引販売は実施されていません。

でもこれは当たり前で、むしろ冷凍食品の半額等の割引を行っているスーパーがあれば、それは法律に違反している可能性が高くなっています。

冷凍食品の半額が行われなくなった理由や、いくらならお得なのか詳しく説明します。

冷凍食品の多くは価格が定められていない・メーカー希望小売価格の撤廃

2006年前後から冷凍食品メーカー、ニチレイや味の素、ニッスイ等はメーカー希望小売価格というものをなくしました。

ニコちゃん
ニコちゃん

メーカー希望小売価格って定価のことでしょ?定価が無いってこと?

Jちゃん
Jちゃん

メーカー希望小売価格と定価は全く別のものだよ。

定価が認められているのは書籍や新聞くらいだから。

最初に理解して欲しいのは定価というものは今はほとんどの商品で無いということです。

一部のメーカーは「メーカー希望小売価格」というものを出していますが、あくまでも希望小売価格であり、販売店(スーパー等)は自由な価格で販売することが出来ます。

定価を認められているのは書籍や新聞、タバコ等の一部の商品だけです。

  • 定価=定められた価格で販売することが決まっている商品の価格
  • メーカー希望小売価格=これくらいで販売して欲しいな~という価格

似ていますが全く別のものです。

そしてニチレイや味の素、ニッスイ等多くの冷凍食品メーカーは「メーカー希望小売価格」そのものを無くしており「オープン価格」としています

オープン価格は、自由に値段を決めてください、というものです。

もちろん原価はあるので、お店は原価に利益や手数料分(物流コストや人的コスト)を上乗せした価格で販売することになります。

冷凍食品の半額を今でも行っているお店はだいたい下記のような表示をしているはずです。

  • メーカー希望小売価格から半額
  • メーカー小売参考売価から半額
  • 当店通常価格から半額

大手冷凍食品メーカーの冷凍食品に対して、メーカー希望小売価格、メーカー小売参考価格と記載している時点でお客さんを騙しています

メーカー希望小売価格半額

冷凍食品のほとんどでメーカー希望小売価格は無い

当店通常価格からの割引をしているところでも、「毎日半額」なんて宣伝していたら、アウトです。

毎日半額なら、その半額がそのお店の通常価格なのですから。

毎日半額

毎日半額はありえない!

つまり元値を高く設定して、半額と嘘をついて販売しているのと同じことです。

つまり冷凍食品は既に半額・4割引という販売方法はほぼ無理な状況になっています。

これについては景表法の二重価格表示というものにひっかかっています。

参考:消費者庁 二重価格表示

お弁当用冷凍食品なら128~248円くらいの価格で販売されていますが、198円均一をしているスーパーマーケットが、「お弁当冷凍食品2割引」として158円としてたまに行う分には問題ありません。これは認められている販売方法です。

Jちゃん
Jちゃん

むしろ、冷凍食品半額とか4割引をしているところは、お客さんを騙して販売しています!もしくは普段はボッタクリ価格で販売しています!と宣伝しているのと同じだよ。

まともなスーパーはもう半額や4割引はしてないよ。

なお食料品ではありませんが、二重価格表示においてイオンの子会社が2018年に措置命令を受けています。

参考:株式会社メガスポーツに対する景品表示法に基づく措置命令について

大きな会社やその子会社だと「見せしめ」としてよく措置命令を受けるので、イオンはかなり厳しくチェックしているんですけど、それでも行ってしまうんですよね。

冷凍食品半額は既に安くない

半額というのは非常にインパクトのある言葉なので、どうしても惹かれてしまいますが、冷凍食品に限っては、信用しないのが一番です。

半額という文字を見てしまうと、ついついお得だと思って見てしまいますよね。

2005年以前までは、本当に多くのスーパーマーケットが冷凍食品半額を実施していました。

でも、もし今でも冷凍食品半額を実施ているところの販売価格を見てください。

おそらくお弁当冷凍食品なら300~350円(税別)前後になっているはずです。

イオン お弁当冷凍食品158円均一

でもイオンだと概ね158円の均一で今なら1年中販売されています。

  • 300円の半額=150円
  • 350円の半額=175円

半額を実施ているところの概ね半額でいつも販売しています。

冷凍食品バンドル販売

時には、3個400円とか1個128円というセールを実施しているので、半額よりも安いことがあります。

イトーヨーカドーも今は通常価格158~198円の範囲で販売をしていることが多くなっています。

半額だと実はそれほど安く無いのに、半額という文字で安いと勘違いしてしまうことは冷凍食品ではよくあります。

だから日々使うスーパーであれば、冷凍食品は普段いくらで販売されているのか、未だに冷凍食品半額を実施しているスーパーマーケットであれば通常価格はいくらなのか、把握しておくことが大切です。

ニコちゃん
ニコちゃん

つまり冷凍食品半額という言葉に惑わされるなってことね。

Jちゃん
Jちゃん

その通り!今だとネットで冷凍食品を買う人もいるけど、楽天やPayPayモールだとイオンで158~178円で販売されている冷凍食品が200円以上、300円以上というのはざらにあるからね。

昔はなぜ冷凍食品半額を実施していたのか?

ニコちゃん
ニコちゃん

でも昔は何で、冷凍食品の半額を実施しているスーパーが多かったの?

Jちゃん
Jちゃん

賞味期限が長いということで対応しやすかったからだよ。

以前、「冷凍食品半額」はスーパーマーケットの定番セールでしたが、なぜどこのスーパーも冷凍食品半額を目玉として行っていたのか?理由はシンプルです。

  • 余っても賞味期限がほぼ関係ないから販売し続けられる
  • お客さんが多く買い来るからいわゆる客寄せパンダとして使われていたから

特売で販売しようと思っても、賞味期限が短いものだと万が一残ってしまったら大変です。

でも冷凍食品は賞味期限が実質的には無いので、残ってもその後普通に販売していれば問題ありません。

だから安心して大量に発注できる冷凍食品の特売が盛んになりました。

Jちゃん
Jちゃん

バックルームの冷凍庫が小さい店舗だと、それはそれで大変なんですけどね。

タマゴの1パック98円もスーパーの特売の定番ですが、限定数を設けていることが多いのは、冷凍食品よりも賞味期限が短く、お客さんも賞味期限を気にするため、あまり残すことが出来ないからです。

もしタマゴの賞味期限が1ヶ月2ヶ月あったら、限定数は無かったでしょうね。

アイスクリームにはまだメーカー希望小売価格はある

冷凍食品のメーカー希望小売価格は、ほぼ撤廃されたと説明しましたが、アイスクリームにはまだメーカー希望小売価格は根強く残っています。

アイスクリームと言えば「ハーゲンダッツ」が好き!という方も多いと思いますが、ハーゲンダッツはメーカー希望小売価格をずっとつけています。

ハーゲンダッツの公式サイトで新商品のニュースリリースを見てください。希望小売価格が掲載されていますから。

だからイオンでもイトーヨーカドーでも、たまに「ハーゲンダッツ メーカー希望小売価格より4割引」というセールを行っています。

「明治 エッセル スーパーカップ 超バニラ」が好きな方も多いですよね。この商品もメーカー希望小売価格が公式サイトに掲載されています。

アイスクリームのメーカー希望小売価格からの半額・4割引・3割引は事実なので安心して購入してください。

以上、イオン等のスーパーマーケットで冷凍食品半額は行われないのか?についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました