「アフィリエイト広告」等の広告が掲載してある場合があります

スポージアム(sporsium)は、イオンのスポーツ用品売場・ウエルネススポーツ専門店

スポンサーリンク
スポージアム(sporsium)イオンの豆知識・トリビア

スポージアム(sporsium)は、イオンリテールが手掛けるスポーツ用品売場のことです。イオンとしては「ウエルネススポーツ専門店」としています。

2016年からスタートしており、約340店舗のイオン・イオンスタイルで展開されています。

なお「スポーツジアム」と勘違いされている方が多いようですが「スポージアム」が正式名称です。

イオンカード2023年11月からのキャンペーン

2023年11月1日から2024年1月8日の間に指定のイオンカード・イオンマークのカードに新規で申し込み、イオンウォレット(スマホアプリ)に登録し、イオンカードを利用すると、もれなく最大11000円のポイントがもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(WAON一体型)は最大5500マイル

スポージアム(sporsium)について

スポージアム(sporsium)

2010年代後半から、イオンは各売場の専門店化を行ってきました。

キッズリパブリックホームコーディグラムビューティークなどが専門店化の事例として挙げられます。

スポージアムもその1つで、イオンにおけるフィットネス・エクササイズ・アウトドアを基本としたスポーツ専門店という形の売場として導入されました。

大きく専門店のような品揃えをするイオンの店舗もあれば、小さなコーナー展開のみの店舗もあります。

スポージアムの売場

大型店ともなるとアウトドア用品も数多く取り扱っています。本格的な登山用品までは扱っていないものの、ハイキング程度の軽登山グッズを扱う店舗もあります。

スポージアムの売場

地域によって盛んなスポーツが異なるので、その地域に合わせて人気の高いスポーツ用品を扱うことが多いそうです。

スポージアムの売場

また比較的人口の多い地域だとヨガ関係の商品を大きく取り扱う店舗もあります。

グリーンボックス

スポージアムとしてランニングシューズ等のスポーツ用シューズを扱う場合もありますが、グリーンボックスと隣接させて、シューズはグリーンボックスが扱うようにしている場合もあります。

スポージアムに隣接するイオンバイク

またイオンバイクと隣接させて、スポーツ用の自転車と連携して販売していることもあります。

取扱ブランドは多数

スポージアムで取り扱っている代表的なブランドは下記のところがあります。

  • mizuno
  • FILA
  • Reebok
  • LOGOS
  • ナイキ
  • ELLE SPORT
  • アンダーアーマー
  • ザ・ノース・フェイス
  • コロンビアスポーツウェア
  • アディダス

一部店舗では、イオンのスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」(株式会社メガスポーツ)と連携して、品揃えの幅を持たせているそうです。

ブランド品だけでなく、イオンが開発した低価格帯のスポーツアパレルも扱っています。

スポージアムの支払い方法とセール

スポージアムは、イオンリテールが運営しているので、支払い方法はイオンと同じです。

詳しくは下記記事をご覧下さい。

スポージアムでお得に買い物をする方法

スポージアムでお得に買い物をする方法は、イオンカードの特典を利用することです。

例えばイオンカード会員に配信されている「サンキューパスポート」であれば、衣料品関係は10%OFFになります。

またイオンの定番のセールであるお客さま感謝デーでは5%OFFにもなります。

ただイオンカードは数が多すぎて、どれを選んで良いかわからないということであれば下記記事を参考にして下さい。

一番お得なイオンカードは、イオンカードセレクトです。

新規入会&利用等でもれなく最大11000円分のポイントがもらえる!2024年1月8日まで

イオンスタイルオンラインでも購入できる

一部商品、特にイオンが開発していたり、スポージアムの定番商品はイオンのネットショップである「AEON STYLE ONLINE 」でも購入出来ます。

イオンスタイルでお得なクーポンが出ていたり、イオンスタイルオンライン独自のセールでお得になっていることがあります。

スポージアムは拡大するのか?

イオンは、以前からスポーツ用品売場を作っては撤退・縮小を繰り返してきた歴史があります。

もうスポーツ用品は積極的には扱わないのだろうな…と思っていたのですが、2010年代後半になって、再び積極的に取り扱うようになってきてびっくりしました。

もっとも健康ブーム・フィットネスブームで、イオンも対応を行ったと考えた方が良いのかもしれません。

ただまた売上があまり取れなくて、採算が合わないようであれば、再び撤退していくように思います。

2020年以降は、コロナ禍の影響で自宅でのフィットネスや自宅近隣でのランニング等の需要が伸びたので、現在もスポージアムの売場は拡大傾向にありますが、今後はどうなるのか、もう少し長い目で見ないとわからないでしょう。

以上、スポージアム(sporsium)についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました