WAONポイントカード(WAON POINTカード)の作り方・イオンカードとの比較も

スポンサーリンク
WAON POINTカードWAON POINTカード

マイナポイントを申込むために「WAONポイントカード」を作ろうとしている方へ、それは間違いです。WAONポイントカードではマイナポイントは申し込めません。マイナポイントが申し込めるのは、電子マネーWAONカードです。

電子マネーWAONカードの作り方は下記記事を参考にしてください。

イオンでポイントがたまるWAONポイントカードを作ろうかな?と思っている方へ、WAONポイントカードの作り方を説明します。

またWAONポイントカードにはいくつか種類もあるので、合わせて紹介します。

ただし実際のWAON POINTカードはイオンで全くお得では無く、あくまでも現金払いにこだわる人だけが作るものです。

なおWAONポイントカードは通称であり正確には「WAON POINTカード」です。

理由は、WAON POINTカードで貯まるポイントは「WAON POINT」であり「WAONポイント」は別のポイントだからです。

WAON POINTとWAONポイントの違いについては下記を参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WAON POINTカードの作り方

WAON POINTカードの作り方は大まかに分けると3種類です。

  • イオンの店頭でWAON POINTカードをもらう
  • イオンカードのWAON POINTカード機能を使う
  • iAEONアプリのWAON POINTカード機能を使う

上記以外に電子マネーWAONを使うと説明しているサイトもありますが、電子マネーWAONは、WAON POINTカードにはなりません

そのことについてもそれぞれ紹介していきます。

その前にWAON POINTカードについて説明しておかないと意味がわからなくなるので、WAON POINTカードから説明しておきます。

WAON POINTカードとは何か?

WAON POINTカードとは何か?と考えた時に2つの意味合いがあります。

  • WAON POINTがたまるカードのこと
  • 現金払いのみWAON POINTが貯まるカードのこと

似ているようで全く違います。

本来のWAON POINTカードは、WAON POINT加盟店において、現金払い(イオン商品券・イオンギフトカード含む)で支払った時にポイント(WAON POINT)がたまるカードのことです。

WAON POINTが貯まるカードのことを指すと、イオンカード・イオンのマークがついたクレジットカードも電子マネーWAONも、全部WAON POINTカードになってしまいます。

なので、ここでは本来の現金払い(イオン商品券・イオンギフトカード含む)で支払った時にWAON POINTがたまるカード・機能のことで説明します。

そうしないと矛盾してくるから、という理由もあります。

イオン・イオンスタイル、マックスバリュ、ザ・ビッグ等のイオン系列の多くのスーパーマーケットでは、イオンカードのクレジット機能や会員登録済みの電子マネーWAONで支払うと200円ごとに2ポイントが貯まります。

しかし現金払い専用のWAON POINTカードは、200円で1ポイントしか貯まりません。

つまりイオンカードや電子マネーWAONの半分のポイントしか貯まりません。

つまりイオンでは現金払いが一番損なのです。

だから本来のWAON POINTカードを使っている人は、イオンでいつも損をしている人ということになります。

もちろんWAON POINTカードもイオンカードも、電子マネーWAONも持ってないポイントを一切集めていない現金主義の人よりはお得ですが、WAON POINTカードを出している人を見ると、なんか損しているよな~って、いつも思っています。

イオンの店頭でWAON POINTカードをもらう

一番簡単なのは、イオンなどのイオングループの店頭でもらうことです。

イオン・イオンスタイル、マックスバリュ、ダイエー、まいばすけっと、ミニストップ等のイオングループの店舗であればもらえます。

*一部カードの在庫を切らしていたり、配っていない店舗があります。

確実なのは、イオン・イオンスタイルのサービスカウンターにいって「ワオンポイントカードをください」と言うことです。

無料でもらえます。

もし300円を請求されたら、それはWAON POINTカードではなく、電子マネーWAONなので、店員の間違いです。

イオンカードを作ってWAON POINTカード機能を使う

イオンカードは、WAON POINTカードを持っています。

イオンカードを提示して、現金やイオン商品券で支払えば、WAON POINTが貯まります。

この方法のメリットは、WAON POINTカードだけだとイオンのお客さま感謝デーで5%OFFになりませんが、イオンカードの提示ならお客さま感謝デーで5%OFFになることです。

イオンカードも年会費無料、もっているだけならお金は一切かからないのにお得な特典があるので、イオンカードを作ることをおすすめします。

ただ種類が多すぎるイオンカード、どれを選んで良いかわからない時は下記記事を参考にしてください。

一番お得なイオンカードは、イオンカードセレクトですが、絶対にクレジットカードは使いたくない!あくまでも現金払い一択!ということであれば、一番シンプルな機能しか無いイオンカード(ミニオンズ)がおすすめです。

新規入会&利用で最大11000円分のポイントがもらえるチャンス!1月10日まで

iAEONアプリをインストールしてWAON POINTカード機能を使う

スマホを持っている方限定ですが、iAEONアプリならスマホ上にWAON POINTカード機能を持たせられます。

iAEONアプリについては下記記事をご覧ください。

ただしiAEONアプリ上のWAON POINTカード機能に対応していないWAON POINT加盟店がかなりあるので、注意して下さい。

現金主義なら、イオンの店頭でもらえるWAON POINTカードか、イオンカードの方が確実です。

電子マネーWAONは、WAON POINTカードでは無い

電子マネーWAONカードをWAON POINTカードとして説明しているサイトもありますが、それは間違いです。

理由は電子マネーWAONカードを提示して、現金で支払うことが出来ないからです。

電子マネーWAONは、あくまでも電子マネーWAONによる支払いでWAON POINT加盟店において、WAON POINTが貯まる電子マネーです。

なおWAON POINT加盟店以外で、電子マネーWAONが使えるところ(マクドナルドや吉野家、ファミリーマート等)でWAONで支払うとWAONポイントが貯まります。

WAON POINTとWAONポイントは別のポイントです。

このあたり非常に複雑というか面倒で、だからWAON POINTカードの説明を間違えているサイトが多いんですよね…

WAON POINTカードを作る費用・年会費・発行手数料

WAON POINTカードの作り方について説明してきましたが、WAON POINTカードを作ってかかる費用は、0円です。

  • 発行手数料・発行料=0円
  • 年会費=0円
  • 事務手数料=0円

イオンカードも持っているだけなら無料

なおWAON POINTカードの代わりとなるイオンカードも持っているだけなら無料です。

  • 年会費:0円
  • 発行手数料:0円
  • 事務手数料:0円
  • 盗難保険料:0円

WAON POINTカードでは感謝デーで5%OFFになりませんが、イオンカードなら現金払いでも5%OFFになりますから、WAON POINTカードよりもお得であり、おすすめです。

なお稀にイオンカードを持っているだけなら無料でも、イオンカードを使えば利用料が取られると思っている方がいますが、かかりません。

詳しくは下記記事をご覧ください。

iAEONアプリのWAON POINTカード機能も無料

iAEONのインストール・利用にパケット(データ通信量)は消費されますが、微々たるものです。

その上で、iAEONアプリを使うだけなら当然無料です。

  • アプリ代:無料
  • 年会費=0円
  • 事務手数料=0円

電子マネーWAONカードは発行手数料がかかる

WAON POINTカードではありませんが、電子マネーWAONカードは300円で購入しなければいけません。

ただしイオンカードで電子マネーWAONと一体になったものなら300円はかかりません。無料で電子マネーWAONを持つことが出来ます。

WAON POINTカードを作るよりもイオンカードを作る方が圧倒的にお得

WAON POINTカードの作り方について説明してきましたが、WAON POINTカードは基本的にいつもイオンで損をしている支払い方法で使えるポイントカードです。

例えばイオンカードとWAON POINTカードを簡単に比較すると下記のようになります。

イオンカードとWAON POINTカードの比較

いつもポイント2倍は、イオンカードもしくはイオンカードに付帯している電子マネーWAONで支払った時のものですが、WAON POINTカードは普段損していることはわかってもらえるでしょう。

WAON POINTカードは、あくまでも現金払い専用のポイントカードです。そしてイオンで一番損な支払い方法です。

もちろん絶対に現金払いしかしない!もしくはイオンカードが作れないというのであれば致し方ありませんが、イオンカードについて勘違いしていたのなら、この機会に是非、イオンカードを作ってくださいね。

ただし種類が多すぎるイオンカード、どれを選んで良いかわからない時は下記記事を参考にしてください。

一番お得なイオンカードは、イオンカードセレクトです。

新規入会&利用で最大11000円分のポイントがもらえるチャンス!1月10日まで

WAON POINTカードに関するQ&A

WAON POINTカードに関して疑問に思うであろうことをQ&A形式で答えていきます。

貯まったWAON POINTはどうやって使うの?

WAON POINTを使うためには、会員登録が必要です。

会員登録すれば、そのまま1ポイント1円としてWAON POINT加盟店の「WAON POINTが使えるお店」で使うことが出来ます。

またはアイテム交換、提携ポイントとの交換が出来ます。

なおイオンカードを持っていてイオンカードおよび電子マネーWAONで貯めたWAON POINTだとより多くの商品や提携ポイントに交換出来ます。

詳しくは下記記事をご覧ください。

WAON POINTカードは複数枚もてる?

持てます。

ただし複数枚持っていても、支払い時に提示出来るカードは1枚のみです。

わざわざWAON POINTカードを複数枚持つ必要性はありません。

しかしイオンカード(WAON一体型)を持っていて、モバイルWAONを登録すると必然的に電子マネーWAONを2つ持つことになってしまうため、WAON POINTが貯まるカードを2つ持ってしまうことになります。

モバイルWAONに既存のイオンカードの電子マネーWAONを登録出来るようになれば便利ですが、出来ないのが残念です。

WAON POINTは合算出来る?

合算出来ます。

smartWAONというアプリもしくはサイトで、合算が可能です。

以上、WAON POINTカードの作り方についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました