株式会社ライフコーポレーションは首都圏と関西圏でのイオンの競合会社

スポンサーリンク
株式会社ライフコーポレーションイオン vs ライフ

株式会社ライフコーポレーションは、首都圏・関西でスーパーマーケット「ライフ」を運営する三菱商事の持分法適用会社です。

地域的にイオンの中でもダイエーおよび傘下の光洋U.S.M.H傘下のスーパーと競合するスーパーマーケットです。

売上的には、U.S.M.Hよりも大きくなっています。

なおボランタリー・チェーンであるニチリウ(日本流通産業株式会社)にも加盟しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式会社ライフコーポレーション 詳細(会社概要)

  • 社名:株式会社ライフコーポレーション
  • メイン業務内容:小売業(スーパーマーケット)
  • 主なブランド(店舗名):ライフ・セントラルスクエア・ビオラル 等
  • 展開地域:東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫・奈良
  • 大坂本社:〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-2-22
  • 代表電話番号:06-6150-6111
  • 東京本社:〒110-0016 東京都台東区台東1-2-16
  • 代表電話番号:03-5807-5111
  • 株式上場:東証プライム
  • 会長:名誉会長として 清水信次
  • 社長:岩崎 高治
  • 設立:1956年10月24日(Wikipediaでは1941年2月22日)
  • 三菱商事株保有率:22.49%
  • 公式サイト:http://www.lifecorp.jp/
  • Wikipediaで確認する
  • 株価確認(Yahoo!):ライフコーポレーションの株価を見る

大阪本社

東京本社

株式会社ライフコーポレーションについて

設立は、1941年の大興セルロイド株式会社とされています。

その後清水実業株式会社が1956年に清水信次によって設立され、1956年に株式会社ライフを設立し、1961年に1号店となる豊中店(大阪)を開設し、スーパーマーケット形式による営業が始まりました。

1981年には株式会社ライフストアに商号を変更し、1982年に大証2部に上場、翌年には東証2部に上お樹し、1984年にはそれぞれ1部に上場しています。

1991年に株式会社ライフコーポレーションに社名変更します。

2005年に三菱商事と資本提携を強化し、三菱商事の持分法適用会社となります。

三菱商事系列のスーパーマーケットとも言える訳ですが、三菱傘下のローソンとはほぼ関わりがなく、提携クレジットカードもJCBとなっています。

社長 岩崎 高治 氏について

現在のライフコーポレーションの社長は、岩崎 高治氏で、元々は三菱商事の社員です。

三菱で「岩崎」と言えば三菱の創始者である岩崎弥太郎を思い浮かべる方も多いと思いますが、岩崎弥太郎とは関係ないとされています。

会社的なライフとイオンの違い

ライフも一部GMS的(衣食住の商品を揃えた総合スーパー)な店舗はありますが、基本はSM(食品に日用消耗品がメインのスーパー)であり、イオンと比べるのは少し異なります。

  • ライフ:基本はSMの展開
  • イオン:基本はGMSの展開

そのためイオングループで言えば、株式会社ダイエーU.S.M.H株式会社株式会社光洋がライフコーポレーションと比較する時にわかりやすい会社と言えます。

会社の規模的(営業収益的)には、U.S.M.Hと同じくらいです。

  • ライフコーポレーション:2022年2月決算 営業収益 7683億円
  • U.S.M.H:2022年2月決算 営業収益 7164億円
  • U.S.M.H+光洋:2022年2月決算 営業収益 8341億円

U.S.M.Hが関東メイン、光洋が関西メインなので2つ足した場合に、ライフコーポレーションと似た会社になると言えますが、店舗数は圧倒的にU.S.M.Hが多いです。

ライフのクレジットカード事業は子会社が展開

ライフコーポレーションのクレジットカード事業は、ライフコーポレーションの子会社である「株式会社ライフフィナンシャルサービス」が行っています。

イオンの場合、イオングループである金融会社が行っていますが、スーパーマーケット事業を行う会社の子会社ではありません。

株式会社ライフコーポレーションへの就職・パートアルバイト

ライフコーポレーションでは、新卒社員・キャリア社員の募集を行っています。またアルバイト・パートも各店で随時行っています。

詳しくは、ライフコーポレーションの採用情報をご覧ください。

以上、株式会社ライフコーポレーションについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました