ダイエーの支払い方法・決済方法は?使える電子マネーとQRコード・スマホ決済・クレジットカード

ダイエーの支払い方法・決済方法イオンのお得情報・買い物術
ニコちゃん
ニコちゃん

ダイエーもイオン系列だよね?支払い方法はイオンと同じなのかな?

Jちゃん
Jちゃん

イオンとは少し異なっていて、少し自由度が高いかな。ダイエーの支払い方法について説明するね。

ダイエーは食品と衣料品を主に扱うスーパーマーケットですが、公式サイトには支払い方法が書かれていません。

イオンとは少し支払い方法が異なるので、ダイエーで可能な支払い方法、使えるクレジットカードや電子マネー、QRコード決済は何か説明します。

またダイエーでお得な支払い方法についても説明します。知らないで支払っていると年間で数千円以上、損しているかもしれませんよ!

イオンカード 最大21000ポイントプレゼントキャンペーン

ダイエーで可能な支払い方法

ダイエーの支払い方法

ダイエーで可能な共通の支払い方法は上記の写真の通りです。もちろん上記に加えて現金とイオン商品券・ダイエーグループ商品券、イオンギフトカード等が加わります。

簡単に説明すると下記の通りです。

  • 現金=もちろんOK
  • クレジットカード各種=OK
  • 電子マネー各種=OK(使えないものもあり)
  • QRコード決済=OK(ただし一部店舗・レジで非対応)
  • イオン商品券・イオンギフトカード=OK
  • イオングループ各社商品券(ダイエー商品券等)=OK
  • デビットカード各種=OK
  • ブランドプリペイド=OK
  • WAON POINT支払い=OK
  • 商品券・ギフトカード各種=OK
  • 売掛=基本不可(イオングループ及び官公庁・自治体のみ)

現金に関しては当たり前なので、それ以外の支払い方法について解説していきます。

ダイエーで使えるクレジットカード

クレジットカードの国際ブランド

ダイエーでは、ほとんどのクレジットカードが使えます。

下記のマークがついているクレジットカードであればすべて使うことが出来ます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナースクラブ

イオンカードであれば、VISAかMastercard、JCB、いずれかのマークがついているので、当然イオンカードでも支払えます。

Discoverや銀聯カードも使えるところもありますが、使えない店舗もあります。

なお、クレジットカードは本人名義以外のものは使えないので、いくら家族でもクレジットカードを借りて支払おうとすると使えないと言われる時があります。

タッチ決済も広がるダイエー

ほとんどの店舗で、VISA・Mastercard・JCBのタッチ決済が対応しています。

タッチ決済対応イオンカード

クレジットカードを機械に差し込むことなく、電子マネー同様にクレジットカードをかざすだけで支払えるようになっています。

ダイエーでお得なクレジットカードはイオンカードセレクト

ダイエーで一番お得なクレジットカードはイオンカードですが特にイオンカードセレクトがお得です!

理由はWAONへのオートチャージでもポイントが貯まるし、WAONでの支払いでもポイントが貯まるのでポイントの2重取りが出来てポイントがとっても貯まりやすいからです。

新規入会&利用で最大21000円分のポイントがもらえるチャンス!10月31日まで

デビットカードも使える

デビットカードもダイエーで使うことが可能です。

デビットカードは銀行口座と連動しており、デビットカードで支払うとすぐに銀行口座から引落がかかるという仕組みです。

ダイエーではVISAデビットカードとJCBデビットカードが使えます。

J-Debitには2019年までは対応していませんでしたが、現在は対応しています。

またイオン銀行が2種類のデビットカードを出しています。

  • イオンデビットカード(VISAデビット)
  • イオン銀行キャッシュ+デビット(JCBデビット)

イオンカードセレクトであれば、J-Debitによる支払いも可能です。

ブランドプリペイドカードも使える

ブランドプリペイドカードは、あまり聞かれたことが無いかもしれませんが、VISAやMastercard、JCB等と提携して発行されているプリペイドカード(前払い方式)です。

有名なものでは、au PAYプリペイドカード・ソフトバクカード・LINE Payカードなどがあります。

VISAのマークがついていれば、VISAのクレジットカードが使えるところでチャージしてある分はクレジットカードと同様に使うことが出来ます。

ダイエーで使える電子マネー

ダイエーで使える電子マネーは下記の通りです。

WAONSuica
PASMO
iDICOCA
manaca
QUICPayPiTaPa
TOICA
nanacoSUGOCA
Kitaca
楽天Edyはやかけん
nimoca

交通系電子マネーはPiTaPa以外は使えます。また使える電子マネーは各スマホアプリにも対応しています。

電子マネーでおすすめは電子マネーWAONです。

WAONは通常200円につき1ポイント(1ポイントは1円相当)ですが、会員登録してあるWAONならダイエーで2倍の200円につき2ポイントとなります。

またボーナスポイント対象商品の購入でより多くのポイントが付与されます。

楽天Edyやnanacoは使えない

ダイエーでは楽天Edyやnanacoは使えません。

nanacoはイオン・ダイエー系列とはライバルであるセブン&アイホールディングスの電子マネーなので使えないのは致し方ないのですが、せめて楽天Edyが使えるようになれば非常に便利なのですが、導入しないものと思われます。

ダイエーで使えるQRコード決済・スマホ決済

ダイエーで使えるQRコード決済

ダイエーでは、ほとんどの店舗で上記のQRコード決済及びAEON Payが利用可能です(一部店舗やセルフレジでは未対応)。

  • PayPay
  • au Pay
  • d払い
  • メルペイ
  • AEON Pay

どのQRコードがお得か?と言えば、イオングループのスーパーなので特別なキャンペーンが行われていない限り、AEON Payがお得意です。

次はシェア的にもPayPayが便利だと思います。イオンカードは持ってないけど、QRコード払いをしたいということであれば、PayPayアプリをインストールして使ってみてはいかがでしょうか?

下記からPayPayはインストール出来ます。

楽天Payが使えないのが何気に不便なんですよね。Edyも楽天Payもダイエーでは使えないので、楽天系の決済は楽天カードのみとなっています。

ダイエーで可能なスマホ決済

スマホでの決済といった意味では、Apple Payによるクレジットカード払い・WAON払いが可能です。

イオンカード等を登録するとiDとしてApple Payで使えるようになります。

またGoogle Payでは電子マネーWAONが登録可能です。

ダイエーで使えるイオン商品券・ダイエーグループ商品券

ダイエーでは、イオン商品券・ダイエーグループ商品券・ダイエーお買い物券・イオンギフトカードで支払うことが出来ます。

イオン商品券やダイエーグループ商品券はお釣りも出ます。ただし1000円の商品券で10円の商品の支払いに対して繰り返し使う等、換金目的だと悟られると応じてもらえない場合もあります。

イオンギフトカードはチャージ式の商品券(カードですが)で、お釣りは出ません。

ただしチャージ式なので、仮に5000円のイオンギフトカードで3000円を使ったら2000円分残っていることになります。

なおイオンギフトカードはチャージ式ですが使い切ったら追加チャージは出来ません。

WAON POINT支払い

ダイエーは、WAON POINT加盟店です。

現金主義でイオンカードは持ちたくない、電子マネーも使いたくない!という場合は、WAON POINTカードを提示して現金払いをすることでWAON POINTを貯められます。

200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

WAON POINTは1ポイント1円としてそのまま会計で使うことが出来ます。

足りない時は他の支払い方法との併用も可能です。

ただしWAON POINTは電子マネーWAONに1ポイント1円から交換可能なので、電子マネーWAONに交換して使う方が便利です。

何より、イオンカードや会員登録した電子マネーWAONで支払えば200円で2ポイントが貯まるので、ポイントが貯まる割合は2倍にもなります。

WAON POINTカードで現金払いをしているということは、損していることになります。

なお、iAEONのWAON POINTは店舗により対応していないことがあります。

ダイエーで使える商品券・ギフトカード

JCBギフトカード

ダイエーでは各種商品券、ギフトカードが使えます。

上記写真のようなJCBギフトカード、VISAギフトカードといったクレジットカード会社発行のギフトカードが使えます。

ビール券やお米券、ハーゲンダッツのギフト券等、ダイエーで扱っている商品のギフト券もほとんど使うことが出来ます。

ただしこれらの各種商品券・ギフトカードは基本的にお釣りが出ないので注意してください(ハーゲンダッツのギフト券等で、一部お釣りが出る場合もあります)。

また全国百貨店共通商品券やクオカードは使うことが出来ません。

地域で発行しているお買物振興券等は、都度異なるので、地域振興券は使えるかどうか各ダイエーのお店に確認してください。

ダイエーで売掛はできるか?

売掛とはいわゆる、ツケ払い・請求書による後払いのことです。

ダイエーでも売掛は可能ですが個人は無理ですし、一般企業でもほとんど無理です。

基本的にダイエーで売掛を依頼して対応してもらえるのは、イオングループの企業及び官公庁・自治体(いわゆる公的機関・部署)のみです。

民間の企業の場合、審査までの時間が相当かかるか、普通に断られます。

というのもダイエーで売掛の決済は、イオングループ及び官公庁・自治体は店長でOKですが、民間になると店長の上の人になるため、そう簡単ではありません。

ダイエーでお得な支払い方法・買物方法

ダイエーのマーク

ダイエーでよく買い物をするのなら、とにかくお得に買い物したい!損をしたくないと思うのは当然でしょう。

普段のダイエーの買い物で一番お得な買い物方法は、イオンカードセレクトというイオンカードでWAONにオートチャージをして、WAONで支払うという方法です。

イオンカードやWAONだけの支払いだとポイント還元率は1%ですが、イオンカードセレクトでオートチャージすることで、0.5%のポイント還元を受けられるので、合計で1.5%のポイント還元率となります。

仮に月に2万円をマックスバリュで使うと2万円の1.5%のポイントが貯まるので、300円分のポイントが貯まります。年間で3600円ものポイントが貯まります。

新規入会&利用で最大21000円分のポイントがもらえるチャンス!10月31日まで

他にもお得なイオンカードは下記を参考にしてください。

AEON Payがお得なことも

iAEONアプリにダイエー系列(ダイエー・グルメシティ・イオンフードスタイル等)をお気に入り登録すると、お得なクーポンが配信されます。

特に月初めに配信される1000円で100円引きクーポンは5枚配信されるので、非常にお得です。また月間の利用金額に応じて、ポイントが還元されます。

ダイエー 毎月10000ポイント進呈

3人家族以上なら月5万円を使うことも難しくないと思うので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

AEON Payについては下記記事を参考にしてください。

イオンオーナーズカードの株主優待の併用もお得

イオンの株を持っていると送られてくるイオンオーナーズカード、買物の時に提示すると後日3~7%のキャッシュバックを受けられます。

ダイエーもイオンオーナーズカードの提示でキャッシュバックを受けられます。

ダイエー公式アプリとの併用も可能です!

セルフレジ・セミセルフレジで時間短縮を

ダイエーの多くの店舗で現在、セミセルフレジが一般化してきており、一般的なレジは減ってきています。店舗によっては、一般的なレジは既にありません。

ダイエーのセミセルフレジ

セミセルフレジでもイオンオーナーズカードは使えますし、WAON POINTでの支払いにも対応しています。またWAONへのチャージも可能です。

ぜひセルフレジ・セミセルフレジを使って下さいね。

以上、ダイエーの支払い方法・決済方法についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました