イオンカードのポイント還元率とは?良いのか悪いのかも解説

イオンカードのポイント還元率とは?良いのか悪いのかも解説イオンカード
ニコちゃん
ニコちゃん

イオンカードについて調べているとポイント還元率って言葉がよく出てくるけど、よくわからないんだよね。

結局どういうものなの?

Jちゃん
Jちゃん

ポイント還元率は、クレジットカードを使うとポイントが貯まる割合のことなんだけど、いろいろと複雑だから説明するね。

イオンカードについて調べていると「ポイント還元率」という言葉がよく使われています。

カードで支払った分、割引にはならないけど、ポイントで何%か戻すことらしい、というのは何となくわかるけど、1%とか1.5%とか言われてもそれが他のカードと比べて良いのか悪いのかわからないのではないでしょうか?

クレジットカードにおけるポイント還元率、イオンカードにおけるポイント還元率について徹底的に説明します。

これを読めば、ポイント還元率について誰よりも詳しくなれます!

イオンカードキャンペーン

クレジットカードのポイント還元率とは

クレジットカードを使うことでの特典・メリットは数多くありますが、最も重視されることが多いのがポイントです。

クレジットカードで支払うことでポイントがもらえ、ポイントは下記のように使うことが出来ます。

  • クレジットカードの支払いにあてることができる
  • 商品券に交換することができる
  • 電子マネーに交換して使うことができる
  • 他のポイント・マイルに交換して使うことができる
  • 商品に交換することができる

ポイントの単位はクレジットカードによって異なりますが、多くのクレジットカードは1ポイント1円として何かしらに使うことが出来ます。

この時に100円使ったら1円相当のポイントが貯まるクレジットカードはポイント還元率が1%となります。

200円で使ったら1円相当のポイントが貯まるクレジットカードはポイント還元率が0.5%となります。

  • 100円で1ポイント=ポイント還元率1%
  • 200円で1ポイント=ポイント還元率0.5%
  • 100円で2ポイント=ポイント還元率2%
  • 1000円で5ポイント=ポイント還元率0.5%

中には1000円で1ポイントだけど1ポイント=10円相当(還元率1%)と設定しているクレジットカードもあって、ポイントの単位(交換率)は様々です。

イオンカードのポイント還元率は、0.5%から1%で基本ですが、イオンのセール時には5%以上になることもあります。

  • いつでもときめきポイント2倍」のお店で使うとポイント還元率1%
  • イオン以外で使うとほとんどの場合、ポイント還元率0.5%
  • イオンの特別なセールでポイント還元率5%以上

税込利用か税別利用で異なるポイント還元率

イオンカードは税込200円の利用で1ポイントが付与されるので、ポイント還元率は0.5%となり、これがイオンカードの基準となるポイント還元率です。

いつでもときめきポイント2倍」のお店で使うと税込200円の利用で2ポイントになるので、ポイント還元率は1%です。

一方、イオンのライバルであるイトーヨーカドーでお得になると言われている「セブンカード・プラス」は非常に複雑です。

  • イトーヨーカドーやセブンイレブンで使うと税別200円で1ポイント
  • 7&iとは関係ないお店で使うと税込200円で1ポイント

上記のように使うお店によって還元率が異なります。

ニコちゃん
ニコちゃん

税込200円で1ポイントと税別200円で1ポイントって、どっちがお得なの????

Jちゃん
Jちゃん

絶対に税込200円で1ポイントの方がお得だよ!

例えば税別10000円・税込11000円の商品を購入した場合、税別200円で1ポイント・税込200円で1ポイントだとどれぐらいの差になるかと言えば5ポイント(5円相当)のポイント差が出ます。

  • 税別200円で1ポイント=50ポイント
  • 税込200円で1ポイント=55ポイント

1万円で5ポイントなら大した差では無いと思うか、大きな差と思うかは人それぞれですが、実際にはもっと差が広がります。

イオンではイオンカードで、イトーヨーカドーではセブンカード・プラスで支払うという条件で考えてみましょう。

例えば税別198円・税込213.84円の商品を購入したとします。

  • 7&i系列=税別200円未満なのでポイントは発生しない
  • イオン系列=税込200円を超えているのでポイントが発生する

税別で同じ値段でもイオンではポイントがもらえるけど、7&i系列だとポイントはもらえません。つまりここで1円の損が発生しています(イオンだとポイント2倍になるので実際には2円分のポイント差)。

仮に5%OFFの日に税別198円の商品を買うと

  • 7&i系列=税別188円・税込203円でポイントなし
  • イオン系列=税別188円・税込203円でポイントあり

だからクレジットカードのポイント還元率は、税込金額でポイントが貯まるのか、税別金額でポイントが貯まるのか、きちんとどちらなのか知らないで使うと思わぬ損となります。

都度ポイント発生と累計金額でのポイント発生の違い

イオンカードやセブンカード・プラスは、都度ポイントが発生します。

ニコちゃん
ニコちゃん

都度ポイントが発生するって、どういう意味?

Jちゃん
Jちゃん

1回の支払いの度にポイントが発生するってことだよ。

例えばイオンの食品売場で税込1980円の買物をして、支払いを終えて、次は2階の衣料品売場で税込2020円の買物をしたとします。

イオンでイオンカードを使えば、200円で2ポイントが貯まります。

合計で4000円支払っているので40ポイントになるのではなく、正解は38ポイントです。

1980円を200円で割ると9と余りが180円になりますが、200円単位でポイントが発生するので、180円は200円に満たないため、切捨てられます。

2020円を200円で割ると10で余りが20円になりますが、200円単位でポイントが発生するので、20円は200円に満たないため、切捨てられます。

結果、ポイントは38ポイントしかもらえません。

しかし一部のクレジットカードは月間で使った金額に対して計算してくれるものがあるので、その場合同じポイント還元率1%のクレジットカードなら4000円で40ポイントとなります。

もう少しわかりやすく説明します。

例えば税込でポイント還元率0.5%のクレジットカード、AカードとBカードがあったとします。

  • Aカード=発行は都度で200円単位(200円で1ポイント)
  • Bカード=発行は月間累計で1000円単位(1000円で5ポイント)

この場合、使用金額にもよりますが、1000円で5ポイントの方がお得になることがあります。

例えばある月に48472円をクレジットカードで使ったとします。

日にちAカードAカード
ポイント
BカードBカード
ポイント
2日198円0ポイント198円(累計のため後で加算)
4日998円4ポイント998円(累計のため後で加算)
5日2100円10ポイント2100円(累計のため後で加算)
8日21800円109ポイント21800円(累計のため後で加算)
11日655円3ポイント655円(累計のため後で加算)
16日7856円39ポイント7856円(累計のため後で加算)
19日3455円17ポイント3455円(累計のため後で加算)
23日880円4ポイント880円(累計のため後で加算)
25日690円3ポイント690円(累計のため後で加算)
27日1280円6ポイント1280円(累計のため後で加算)
30日8560円42ポイント8560円(累計のため後で加算)
合計48472円237ポイント48472円240ポイント

Aカードは使う度にポイントが発生していきますが、Bカードは累計金額に対してのポイントが発生していくため、トータルで使った金額に対してのポイント還元になるため、たとえ1000円単位でもポイントが多くなります。

この計算方式でポイントを付与してくれるポイント還元率の高いクレジットカードとしては、リクルートカードが有名です。

ポイント還元率は1.2%で非常にポイント還元率が高いため、光熱費の支払いなどの非常に向いているクレジットカードです。

でも、イオンでクレジットカードを使う場合であれば、リクルートカードよりもイオンカードの方がトータルではお得になります。

理由はいろいろとありますが、主に下記の理由でイオンカードの方がお得になります。

  • ボーナスポイント対象商品がある
  • 5%OFFの日やポイント5倍の日がある
  • クーポン利用で5%~10%OFFになる

この辺りのイオンカードでお得になる特典は下記記事を参考にしてください。

イオンカードは結局、ポイント還元率は高いの?低いの?

重要なのは、イオンカードは結局ポイント還元率が高いと言えるのか?それとも低いのか?ということですよね。

結論から言えば、イオンで使う場合はトータルで非常にポイント還元率が高くなりますが、イオン以外で使うとポイント還元率は普通、もしくは低いです。

イオンカードはあくまでもイオンでお得なクレジットカードであって、イオン以外だと特定の条件以外はお得ではありません。

ニコちゃん
ニコちゃん

特定の条件って何???

Jちゃん
Jちゃん

例えばイオンカードは分割手数料が安いから、分割払いで高額商品、例えば冷蔵庫とか洗濯機を買うのであれば、ポイント還元率は低くてもトータルではお得になるんだよ。

だからイオンの買物はイオンカードで購入して、光熱費等はリクルートカード等のポイント還元率の高いクレジットカードで支払うのがポイントを多くためてお得に、そして節約して生活するコツになります。

Jちゃん
Jちゃん

つい最近までは、楽天カードとか光熱費を支払うのにおすすめしていたけど、楽天カードが改悪されたから、楽天カードで光熱費を払うのはイオンカード以上に損になるんだ。

イオンの普段の買物ならポイント還元率1.5%も可能

 

イオンカードセレクトというイオンカードがあります。

クレジットカードとしてのポイント還元率はイオンで1%、イオン以外で0.5%と他のイオンカードと同じですが、イオンカードセレクトについている電子マネーWAONにオートチャージして、電子マネーWAONで支払うとイオンでポイント還元率1.5%にもなります。

イオンカードセレクトは4つの機能がついたイオンカードです。

  • クレジットカード機能
  • 電子マネーWAONカード機能
  • イオン銀行のキャッシュカード機能
  • WAON POINTカード機能(ポイントカード機能)

電子マネーWAONへのオートチャージは、イオン銀行の口座残高からの即時引落しによる現金チャージになりますが、オートチャージした時に1000円につき5ポイントが貯まります。

電子マネーWAONをイオンで使って支払えば、200円毎に2ポイントが貯まります。

合わせると200円で3ポイントが貯まる計算になり、ポイント還元率は1.5%にもなります。

イオンの普段の買物なら、イオンカードセレクトの電子マネーWAONにオートチャージして、WAONで支払うのが一番お得です。

この場合、クレジットカード機能は一切使っていませんが、イオンの普段で一番お得な支払い方法となります。

最大6000円相当のポイントがもらえる!

たまにイオンカードでの支払いでポイント5倍(還元率2.5%)やポイント10倍(還元率5%)という時があるので、イオンカード(クレジットカード機能)もついているイオンカードセレクトがイオンで一番お得でおすすめです。

以上、イオンカードのポイント還元率についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました