広告を掲載していますがランキングや内容については影響させていません。

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)が使えるお店は?どこで使える?東急グループ以外で使える?

スポンサーリンク
東急カード イオン vs 八社会(Vマーク)

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)は、東急ストアや東急プラザ等、東急グループでしか使えないと思われていることがあります。

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)は、東急グループ以外のお店でも利用可能ですし、クレジットカードが使えるところなら、ほぼどこでも使うことが出来ます。

もう少し詳しく東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)が使えるお店やサービスについて紹介します。

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

東急カードと東急ポイントカードの違い

一般的に東急カードはクレジットカードのことです。

よく勘違いされますが、クレジットカード機能の無い東急グループの店舗やサービスでポイントが貯まるカードは「東急ポイントカード」です。

TOKYU CARD ClubQ JMB

東急カード

東急ポイントカード

東急ポイントカード

見た目が全く違うのは、見てもらった通りで、ここで説明するのは上(パソコンだと左側)のカードのことです。

東急カードと書いていますが、厳密には「TOKYU CARD ClubQ JMB」と言います。

「TOKYU CARD ClubQ JMB」の種類やClubQって何?と思う方は詳しく解説している記事をご覧下さい。

ここでは、クレジットカードである東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)がどこで使えるのか、詳しく説明していきます。

持っているクレジットカードがどこで使えるかの見方

東急カード・VISA・Mastercardのロゴ

東急カードには「TOP」と書かれたロゴ(マーク)とは別に「VISAの・Mastercard」のいずれかのマークが描かれています。

東急カードやイオンカード、楽天カードや三井住友カードなどのクレジットカードが使えるかどうかは、「VISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinners」などのマークがクレジットカードに記されているかどうかで決まります

イオンの支払い方法一覧

例えば上記はイオンのレジなどに張り出されているイオンの支払い方法です。

上部に「クレジットカード」は何が使えるか書かれていますが、ここに「VISA・Mastercard・JCB」および「American Express・Dinners」などのマークが書かれています。

普通に申し込んで届く東急カードには「VISA・Mastercard」の内、いずれか1つのマークが描かれているので、東急グループ以外であるイオンでも使えることがわかります。

セブンイレブンの支払い方法

上記はセブンイレブンの店頭に張り出さていることが多いセブンイレブンの支払い方法です。

中央に「クレジットカード」は何が使えるか書かれていますが、ここに「VISA・Mastercard・JCB」および「American Express・Dinners」などのマークが書かれています。

東急カードにも「VISA」か「Mastercard」のマークがあるので、セブンイレブンでも使うことが出来るのがわかります。

イオンでお得なイオンカードも「VISA・Mastercard・JCB」いずれかのマークがついているので、東急ストアや東急プラザ、セブンイレブンなどクレジットカードが使えるところなら、ほぼどこでも使うことが出来ます。

楽天カードもVISAやMastercard、JCB、American Expressのマークのいずれかを選べるので、アピタやドン・キホーテ、イオンやイトーヨーカドー等、クレジットカードが使えるお店なら利用可能です。

クレジットカードが使えるかどうかお店で聞く場合

ここはクレジットカードが使えますか?

と聞くと店員さんは「はい、使えますよ」と答えるか

店員さん
店員さん

ビザかマスターなら使えますよ

と東急カードについているようなマークの名前を言うことがあります。

つまりクレジットカードにこれらのマークがついているかどうかが、クレジットカードが使えるかの基準になっている訳です。

これらのマークで特に有名なマークの会社のことを「国際ブランド」と言います。

代表的な国際ブランドは下記のマークがあります。

クレジットカードの国際ブランド

これらの7つのクレジットカードは「7大国際ブランド」と呼ばれていて、世界的に使えることが多いですが、中でも多く使われているのが、VISAとMastercardです。

  • VISA:3大国際ブランドに数えられる
  • Mastercard:3大国際ブランドに数えられる
  • JCB:3大国際ブランドに数えられる
  • American Express:5大国際ブランドに数えられる
  • Diners Club:5大国際ブランドに数えられる
  • 中国銀聯(ユニオンペイ):6大国際ブランドに数えられる
  • Discover(ディスカバーカード):7大国際ブランドに数えられる

例えば一部のお店で店員さんに「クレジットカードは使えますか?」と聞いた時

店員さん
店員さん

ビザとマスターカードが使えます。

と答えられた場合、JCBのついたクレジットカードは使えない訳です。

日本国内でも稀にJCBが使えないお店が少ないですが、あります。

なお日本でも世界でも、VISAやMastercardのマークがあるクレジットカード(東急カード)が一番使える割合が多いです。

東急カードが使えるお店よりも東急カードが使えないお店の方が圧倒的に少ない

東急カードだから使える・使えないではなく、東急カードに一緒に描かれている国際ブランドによって、使える・使えないが決まることは、前述した通りです。

だからこそ東急カードが使えるお店・使えないお店よりも、国際ブランド別に使えないお店を紹介した方が圧倒的にわかりやすいです。

Mastercardが使えない有名なお店

Mastercard(Mastercardのマークがついたクレジットカード・majica donpen card)が使えない有名なお店を見つけることが出来ませんでした。

ただここ数年だとオリンピック会場やオリンピックのチケットはVISAが公式スポンサーになっていることもあり、Mastercard等他のクレジットカードのマークだと使えないということがありましたが、それ以外ではほとんどありません。

感覚的にですが、Mastercardが使えないお店やサービスは仮に100,000店舗あったら1店舗あるかないかのという感じです。

VISAが使えない有名なお店

VISA(VISAのマークがついたクレジットカード・イオンカード)が使えないお店で有名なのは、コストコです。

コストコは、Mastercardのマークがついたクレジットカードしか使えないことで有名です。

それ以外でクレジットカードが使えるのに、VISAが使えないお店を探す方が大変です。

感覚的にですが、VISAが使えないお店やサービスは仮に100,000店舗あったら1店舗あるかないかのという感じです。

コストコも利用するのであれば、東急カードはMastercardの方を選ぶのがおすすめです。

何でクレジットカードのマークで使える・使えないがあるの?

Mastercardが使えるのに、何でJCBが使えないお店があるのか?

またコストコはなぜMastercardしか使えないのか?と不思議に思った方もいるでしょう。

理由は簡単で、クレジットカードのマークで手数料が異なるためです。

クレジットカードを使うとお店は概ね2~7%の手数料をクレジットカード会社に支払うことになります。

男性向けの女性が一緒に飲んでくれるような飲食店だとクレジットカードの手数料が5~15%という場合もあります。

この手数料の割合が、VISA・Mastercard・JCBなどで異なるためです。

コストコは、Mastercardと提携して独占的に使うことを契約しているため、Mastercardに支払う手数料が少ないので、Mastercardしか使えないようにしています。

JCBが一番使えるところが少ない理由は、平均してVISAやMastercardよりも0.5~1%ほど手数料が高いためです。

一般的に1万円の購入で3%300円の手数料がVISAやMastercardでかかる場合、JCBだと3.5%350円の手数料がかかると言われています。

月にクレジットカードの売上で2000万円のお店なら、

  • VISA・Mastercard=手数料60万円
  • JCB=手数料70万円

10万円の差は、学生アルバイト1人の人件費に相当しますから、シビアになりますよね。

クレジットカードが使えないお店というのは、この手数料を支払いたくないので、クレジットカードを使えないようにしている訳です。

ただし当然クレジットカードが使えるお店の方が便利なので、クレジットカードの手数料を支払ってでもお客さんを呼ぶために、クレジットカードを使えるようにしている訳です。

なお電子マネーやコード決済も使われると手数料がかかります。

ほとんどのお店で使える東急カードを持とう

東急カードというよりは、ついている国際ブランドで使える・使えないということはわかっていただけたと思います。

つまり東急カード、特に国際ブランドでVISAやMastercardを選んだ場合、使えないお店を探す方が大変なくらいで、ほとんどのお店やサービスで使うことが出来ます。

ただ念のためにMastercardのマークがついているクレジットカードを持っていたら、2枚目のクレジットカードを作る場合は、VISAのマークがついたクレジットカードを持っていると安心です。

もちろん元々、クレジットカードが使えないお店だと東急カードと言えども、有名な三井住友カードと言えども、クレジットカードでは支払うことは出来ません。

東急カードは東急グループでしか使えないと思って敬遠していた方は、この機会に是非、東急カードを作ってみてはいかがでしょうか?

以上、東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)が使えるお店、使える場所についてでした。

イオン vs 八社会(Vマーク)

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

この記事が役立ったら是非シェアしてください!
WAONインフォをフォローする
イオンカード おすすめベスト7
イオンでお得になる本当にお得でおすすめのイオンカードを紹介しています。

50種類以上あるイオンカードの中からあなたに最適な1枚が見つかります!
ワオーンインフォメーション-イオンカード・WAONの情報-

コメント

タイトルとURLをコピーしました