広告を掲載していますがランキングや内容については影響させていません。

スーパー総選挙、イオングループの店舗はベスト10に1つも無し

スポンサーリンク
イオンの看板 イオンに関するコラム・エッセイ

2017年から始まり、2020年・2021年は中止になったものの2022年は3年ぶりに復活した「スーパー総選挙」、イオングループの店舗はベスト10に1つも入っていませんでした。

ただこのスーパー総選挙も茶番じみたところはあるものの、順位はある程度納得出来るものとなっています。

参考:スーパー総選挙の結果発表

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

オーケーの1位はなるべくしてなっている

2022年のスーパー総選挙の順位は下記の通り

  • 1位:オーケー (4,926票)
  • 2位:ヤオコー (4,712票)
  • 3位:ライフ (2,762票)
  • 4位:ロピア (2,320票)
  • 5位:ベイシア (975票)
  • 6位:サミットストア (777票)
  • 7位:オオゼキ (613票)
  • 8位:ベルク (541票)
  • 9位:ツルヤ (516票)
  • 10位:文化堂 (477票)

総選挙中にいろいろなスーパーに行きましたが、一番売場でも投票を呼びかけていたのがオーケーで、次がヤオコーでした。

イオングループの店舗はほとんど呼びかけていません。というか呼びかけを見たことがありません。

だから呼びかけをどれだけ積極的に行っているか?ということである程度の勝敗は決まるので、ある程度茶番地味たところはあるものの、実際にいろいろなスーパーマーケットを回ってみて、この順位になるのは、そうかも…とは思います。

またTBSラジオが主催のため、関東圏に絞られるので、関東以外の地域のスーパーはほぼ投票されません

オーケーが1位になるのはわかる

個人的にはオーケーの「商談時使用売価」からの大げさな割引表示が大嫌いで、信用出来ないのですが、「オネストカード」は非常に評価出来ますし、徹底した低価格も評価が出来ます。

(商談時使用売価は、公取が取り締まらないのが不思議すぎて…、あれがOKなら、好きな値段で好きな割引率が成立しちゃうと思うんですけどね)

イオンの「ビッグ・エー」「アコレ」「パレッテ」のような中途半端なディスカウントストアを見た後にオーケーに行くと、これがディスカウントだよな…って思うんですよね。

2位のヤオコーにも納得

ヤオコーはディスカウントストアでは無いので、凄く安い訳ではありませんが、安く思える価格や訴求、そして買物をしたくなる売場、本当によく出来たスーパーマーケットだと思います。

何を売りたいのか、どういうものを売り出しているのか明確にわかります。

3位のライフは疑問符も

3位のライフは、ヤオコー同様にわかりやすい売場で評価は出来ますが、高くてあまり買物をしたいと思うところでは無いんですよね。

それでも3位というのは少し驚いています。

イオンが選ばれない理由

イオンって体が大きい、でも地味な優等生なんです。

大きいから多少は目立つけど、何を普段しているのかよくわからない、でも真面目で優等生、そんなイメージがあります。

だからお店にいっても楽しい!ということはないし、何を売りたいのかもよくわからない、そんな店舗が増えています。

ただ優等生なので、上位に入っているスーパーマーケットよりも労働環境は良さそうだな~とは思うものの、風通しが非常に悪そうに感じます。

イオングループの店舗でベスト10に入れるとしたら

2022年のスーパー総選挙では、12位にイオンが入っていました。

2017年のスーパー総選挙の時、イオンは9位でしたが、その時の理由が「スーパーというより、ショッピングモールとしての総合力を評価する人が多かった」と評価されています。

つまりスーパーマーケット「イオン」ではなく「イオンモール」が評価されているに過ぎません。

続いて上位に入っているイオングループのスーパーは16位に「マルエツ」が入っています。

2017年、マルエツは7位でした。2018年は5位、2019年は7位です。

今まではベスト10入りしていたのに、今回はベスト10から出たのは、それだけお客さんの方向を見て営業していないからでしょう。

でも関東、しかも首都圏での投票がメインになるため、イオングループだとマルエツくらいしか入るスーパーが無いんですよね。

イオンももう少し首都圏に、お客さんが気に入ってくれるスーパーマーケットを作って欲しいと思う今日このごろです。

お客さんが気に入ってくれるスーパーが無いから、イオングループの収益性が悪いのだから。

イオンに関するコラム・エッセイ

対象のイオンカードを新規申込みの上、イオンウォレット(イオンカード公式アプリ)に登録し、登録した月の翌々月10日(2月なら4月10日)までに利用した金額の10%分のポイント(最大4000ポイント=4000円相当)がもれなくもらえます!

また新規申込みをするだけで1000ポイント(1000円相当)がもらえるので最大5000ポイント(5000円相当)がもらえます!

*カード&利用期間は申込後2ヶ月後の10日まで(1月申込みなら3月10日まで)
*イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は最大2500マイル
*キャンペーン終了日は現時点で未定
*1万円以上の利用がポイント還元の対象
*よりお得な特典がつく場合もあり

この記事が役立ったら是非シェアしてください!
WAONインフォをフォローする
イオンカード おすすめベスト7
イオンでお得になる本当にお得でおすすめのイオンカードを紹介しています。

50種類以上あるイオンカードの中からあなたに最適な1枚が見つかります!
ワオーンインフォメーション-イオンカード・WAONの情報-

コメント

タイトルとURLをコピーしました