イオンカードの欠点とイオンでお得なクレジットカード

イオンの看板イオン以外のおすすめクレカ

イオンでお買物をよくするのならイオンカード(特にイオンカードセレクト)が非常にお得なのですが、実はイオンでよく買物をするにしてもイオンカード以外の方がお得になる人もいます。

どういう状況の時にイオンカード以外の方がお得か、イオンカード以外でお得なクレジットカードを説明します。

イオンカードのポイント還元率の仕組みを把握する

イオンカードのほとんどは電子マネーWAONの機能を持っています。

そしてイオンの店舗でイオンカードやイオンカードに一体になっているWAONで支払うと200円に付き2ポイント貯まるようになっています。

またイオンカードセレクトでWAONにオートチャージ設定をしておくと1000円単位で5ポイントが貯まるので、200円あたり1ポイントが貯まります。

1ポイントは1円相当です(電子マネーWAONに交換すれば1ポイント1円で使えます)。

  • イオンの店舗でイオンカード・WAONで支払うと200円で2ポイント
  • イオンカードセレクトでオートチャージならチャージ金額200円あたり1ポイント
  • 合計で最大1.5%のポイント還元となる

つまりイオンカードセレクト以外のイオンカードだとオートチャージしてもポイントは貯まらないので、イオンカードでも電子マネーでも支払うとポイント還元率1%にしかなりません。

イオンカードの欠点・実はポイント還元率は1%無い

イオンカードに限りませんが、ほとんどのクレジットカードは

  • 200円で1ポイント=イオンカードはイオン以外で使うとコレ
  • 100円で1ポイント
  • 200円で2ポイント=イオンカードはイオンで使うとコレ

というように100~200円単位でポイントが加算されます。

仮にイオンで399円の買物をした場合、200円単位なので、199円は切り捨てされて200円への2ポイントしか貯まりません。

この場合の還元率はほぼ0.5%しかありません。

イオンで2000円とか3000円とか購入される場合はそれほど影響は出てきませんが、イオンやまいばすけっと、ミニストップでお弁当と水をよく買う人だと460円のお弁当と水90円を購入するという人もいますよね、合計で550円、税込594円です。

税込594円だと194円は切り捨てられて400円で4ポイントにしかなりません。

つまり594円で4ポイント、還元率は0.67%としかありません。

仮に同じポイント還元率1%の楽天カードやYahoo!Japanカードで支払うと594円で切り捨てられるのは94円のみなので500円で5ポイント=594円で5ポイントとなり、ポイント還元率は0.84%となり、楽天カードやYahoo!JAPANカードの方がお得になります。

言葉で説明してもわかりにくいと思うので表にしました。

購入金額イオンカード
でのポイント
楽天カード等
でのポイント
100~199円0ポイント1ポイント
200~299円2ポイント2ポイント
300~399円2ポイント3ポイント
400~499円4ポイント4ポイント
500~599円4ポイント5ポイント
600~699円6ポイント6ポイント
700~799円6ポイント7ポイント
800~899円8ポイント8ポイント
900~999円8ポイント9ポイント

細かいですが、1000円未満でよく買物をする人だと年間でかなりの差がついてくることがわかりますよね。

もちろんイオンカードはイオンやマックスバリュの「お客さま感謝デー」で5%OFFになったりするメリットもありますが、感謝デーを利用しないことが多い、1000円未満のお買物をすることが多い人にはお得ではありません。

特に楽天カードは楽天Edy機能・楽天ポイント機能が一緒に一緒になっていて、いろいろと便利なクレジットカードでおすすめです。

考えたくないのなら高還元率のクレジットカードがおすすめ

Jちゃん
Jちゃん

でも、いちいちどのクレジットカードがお得でとか数ポイントで考えたくないな~

ニコちゃん
ニコちゃん

そんなこと言っているとお小遣い減らすよ!

でも、たしかにいちいち計算して考えるのも面倒なのは確かよね。

いくらお得になるからといって、いちいち考えるのが面倒!と思うのも致し方ないことですよね。

なら難しく考えなくても良いくらいのポイント還元率が高くて、お得なクレジットカード1枚に絞ってしまえば良いんです。

その時におすすめなのが下記のクレジットカード

  • REXカード:ポイント還元率1.25%
  • リクルートカード:ポイント還元率1.2%

どちらが絶対に良いか?というのは言い切れないのですが、この2つのクレジットカードの良いところは、

  • 1ヶ月間の累計金額に対してポイント付与

ということです。ただし

  • REXカードは2000円単位で25ポイント
  • リクルートカードはあくまでも1ヶ月の累計金額に対して還元率1.2%

という違いがあります。

言葉で説明してもわかりにくいので表を見てください。

1ヶ月間の累計
使用金額
リクルートカードREXカード
90円1ポイント0ポイント
1999円23ポイント0ポイント
2000円24ポイント25ポイント
7999円95ポイント75ポイント
9999円119ポイント100ポイント
10000円120ポイント125ポイント
29999円359ポイント350ポイント
39999円479ポイント475ポイント
45999円551ポイント550ポイント
49999円599ポイント600ポイント
50000円600ポイント625ポイント

月に5万円未満、クレジットカードを使った場合はリクルートカードの方がお得になることが多いのですが、5万円を超えてくるとREXカードの方がお得になります。

  • 月に5万円未満=リクルートカードの方がお得になることが多い
  • 月に5万円以上=REXカードの方がお得になる

2000円に近い端数が出てしまうと5万円未満においてはリクルートカードの方がお得です。

でも5万円もクレジットカード使わない!と思う人でも、ガス電気水道に携帯電話も含めて、他の買物も加えれば5万円くらいは使うという人も多いですよね。

REXカードとリクルートカードのポイントの違い

REXカードのポイントはJデポというものに交換して使うのが一般的です。

リクルートカードのポイントはリクルートポイントで、リクルートのサービスで使うかPontaポイント(ローソン等で貯まるポイント)に交換して使うのが一般的です。

Jデポは簡単に言えば、ポイントを次のカード支払い金額に当てる仕組みです。

仮にREXカードのポイントが2000ポイントあれば、Jデポにして翌月のREXカードの支払いから2000円分マイナスにしてもらえるということです。

Pontaポイントはローソンやビックカメラでそのまま使えますし、dPOINTに等価交換が出来ます。

Jちゃん
Jちゃん

旅行が好きな我が家はじゃらんで使えるポイントが嬉しいからリクルートカードを選んだけど、支払額に充当出来るレックスカードも捨てがたいよね。

イオンをどれぐらい使うかでクレジットカードは考えよう

基本的にはイオンではイオンカードがお得ですが、イオンの使用頻度や使うタイミング・日にちで他のクレジットカードの方がお得な場合もあります。

基本はイオンのスーパーで2000円以上で買うことが多い、5%OFFの日に買物に行くことが多いという人以外は、ポイント分散しないためにも、楽天カードやREXカードを使うことも考えてくださいね。

以上、イオンカードの欠点とイオンでお得なクレジットカードについてでした。

イオン以外のおすすめクレカ
この記事が役立ったら是非シェアしてください!
WAON非公式インフォをフォローする
イオンカード 人気No.1

イオンカードで一番人気なのがイオンカードセレクト。
イオンで最大1.5%のポイント還元率を受けられる超高還元率を誇ります。
イオンで損をしたくなければこのカード択一です。

イオンカード おすすめ2位

イオンのポイントよりもマイルが欲しい!という人に人気のイオンカードがイオンJMBカードです。
イオンをよく使う人なら、使い方次第で有料のJALカード以上のJALマイルを貯めることができる凄いカードです。
年会費無料のJALマイルが貯まるクレジットカードです。

WAON・イオン非公式インフォメーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました